火星

最接近といわれる火星を、 デジタル一眼と480mmの望遠レンズで追ってみた。 さすがにこれくらいの焦点距離では、ほとんど点にしか写らないけど、 拡大してみるとそれなりに色も着いてるし、上出来上出来。 望遠鏡があれば当然もっとキレイなんやけでね。 ちなみに左の写真はブレているみたい。 右のう方がちゃんと写ってるっぽい。 もちろん空気ゆらぎと三脚の揺れもあるし。

空港屋根

当然ながら、羽田や関空にくらべれば、 メチャコンパクトな空港ビル。 コスト削減の為にデザインもありきたりなもの。 それでも屋根部分だけはほんのちょっとこだわったのだろうか。

ヒコーキ

莫大な税金を投入して作られた能登空港を初利用。 今の所は物珍しさから満席がつづいているけど、 そのうちカエルのヒコーキになるのは目に見えそう。 ガラガラ♪

花@世田谷線

暑かったのでデカイカメラを持ち歩きたくない。 そんなわけで、片付けてあったM4カメラを取り出して、 ちょっとしたものを撮ってみた。 この写りがなんともいえずいい。

個別化教育と割高コスト

今日初めて家庭教師のバイトをやった。 教科書の手抜き説明(スマートな説明とも言う)を見て、自分もよく「なんでこうなるの???」とウンウンうなったクチ。でもそのおかげで、自分の理解に役立ったわかりやすい例を示して教えてあげられるのはいいことかなと思う。 数学を2時間やって、初回だけど月末なので5000円頂いた。はたして自分の”教え”はこれだけのお金にあたいするのかと、微妙なカンジ。だけど、高校生くんに「学校の先生より全然わかりやすい」と言ってもらえるのはやっぱり嬉しいし、そう思ってもらえたということは、やはりこれだけのお金をもらってもいいのかなとも思う。 公立学校での授業が無料もしくは非常に安い授業料で行われているのはやはり一斉授業がほとんどだからで、それに対する形で、公立学校の授業料よりも割高なコスト(授業料や時給)を払って行われる個別化個性化教育というものが存在する。一斉授業ですべての学習者が一律に授業内容をマスターできるはずもないのは明らかならば、やはりそれを学習者の個性に応じた形で補うような 指導の形態が必要であり、それが今の場合、2500円という時給をかけて行われる家庭での個別指導である。 家庭教師が、各学習者にあわせた柔軟な指導を行える、高いポテンシャルを持つ方法であるのは確かなのに、その役割を担った自分がなぜか「こんなんでお金もらっていいの???」と少なからず引けを感じるのは、自分の教え方やそれに望む姿勢が悪いのではなく、例えば悪い数学の教科書のように(?)指導しなければならないと国によって決められている内容自体がよくないからなのか、それとも、例えば数学の分野で自分にとっては既に理解したこと、つまり「簡単」になってしまった事柄をただ漫然と相手に理解させているだけ、と自分が感じているからだろうか。今度大阪教育大学の友だちに会ったら、先生のタマゴとしてはどう思うか、どう理解しているのか聞いてみたいところ。

ブリ照り

初めてブリの照焼きを作る。 フライパンでこんなに旨くできるんなら、 もっと早くやってればよかった。 これで切り身の魚なら家で食えるぞ。 ちなみに成績は0.2点アップ。。。 マレー語優だからいいか。

やっと夏らしい天気。 黒いアゲハ蝶はたくさんいるのに、 黄色いのはなかなか見つけられなかった。 久々に見た一羽。 一頭って数える方が学術的なのか。”へぇー”。

真実はそこにある

8年間追っかけ続けてきたX-Fileの最終回を見た。 今までストーリーを理解できていなかったところも、 しっかり補足されていたし、終わり方もX-Fileっぽくて、 あーようやく見終わった、ってカンジ。 キーワードだったTHE TRUTH IS OUT THEREは、 X-File好きの合い言葉。 #I WANT TO BELIVEもか。

大仙自販機ショップ@富山県高岡市

高岡まわりでいったん七尾に帰る。 途中、昔、ばーちゃんのお見舞いに毎週富山へいっていたころ よく行った、バイパス沿いのゲーセン巡りをする。 コンクリートの床にな〜んか汚いカンジの店内。 マージャンゲームやパチンコ、スロットや古〜いクレーンゲーム。 これぞ”ゲーセン”。 そんな中に置かれているKOFや餓狼伝説とかストIIたちをやり混んだもの。 アミューズメントセンターといわれるようになったゲームコーナーには無い”味”が、 富山にはまだなんとか残っているカンジ。

ひまわり@富山県西砺波郡福光町

午後から今は空家になっている富山の実家の掃除に向かう。 隣にすんでるおばちゃんが、マメに花壇の手入れをしてくれていて、 いつ行っても花がキレイ。今回は夏らしく、ひまわり。 関係ないけど、掃除に使った伸縮スポンジモップはメチャ使いやすかった。。。

地蔵@飯川

じーちゃんに望遠レンズを借りて、背景のボケ具合をチェック。 さすが焦点距離1.6倍。35mm換算f=480mmだけのことはあって、 背景はしっかりボケボケ。

イエネコ

実家に帰って、久しぶりに我が猫の顔を見る。 ふてぶてしいヤツめ。 写真がノイジーなのはカメラのせい(???) まだ使い方がよくわかっていない。。。