Hawrah Station

午後8時25分Patna発の電車に乗ってKolkataの玄関駅

Hawrah(ハウラー)へ向かう。やってきた電車に乗って

自分の席に向かうと、自分の席と思わしきコンパート

メントが20人ぐらいの人間で埋まっている。。。

A元くんとF野さんの席もキャンセルしていないまま

残っているはずで、そのコンパートメントはまるごと

俺の席だったはず。。。

話を聞いてみると、奴らは地元の人間で、次の次の駅まで

乗るからお前は1時間くらい隅で待っていろ、とのこと。

は?

もちろん奴らが持っているのは2ndクラス(一番下の等級)の

チケット。ここはSleeperClass(2ndのひとつ上)。

あまりの体調の悪さと機嫌の悪さで、「お前らチケット

持ってねーんだからどっかいけよ」と言っても、現地語で

からかっているみたい。。。もはや気力がなくなって

座り込んで待つ。近くにいた自称大学生(localの奴らとは

無関係の人)は「申し訳ないが、これがインド人共通の性質だと

思わないでくれよ」みたいに声をかけてくれた。あんまり

慰めにならなかったけど。。。

そんなこんなで午後9時半すぎに奴らは降りていき、

体調悪いのでベット(というか、つり下がっている板)に

横になり、寝る。

目的地Hawrahには午前7時過ぎに到着。

プラットフォームに降りて、11時間近くお世話になった

列車を撮影。兵隊に見つかんなくてよかった〜


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *