fluid mechanics – simulation of velocity potential phi

「東京写真」とはまったく関係ない画像だけど、まぁ日記ということで。

流体力学の予習。縮まない流体の流れ方を表現するものに、速度ポテンシャルというものがあるそうです。

ある平面、例えばお風呂の底に水道の蛇口(水のわき出し口)と排水口(吸い込み口)がとても接近した状態で配置されていたとします。お風呂をわかして、蛇口から水を出すと同時に排水口の栓を抜くと、上の画像のような感じで各線のさきっぽに丸がついている方向に流れができます(強い流れほど緑色で表してあります)。

何が言いたいかというと、こういう流れを表す数式を計算して画面に結果を色分けして表示するプログラムをJavaで書いたよ、ということ。ベクトル函数のグラフ表示機能やね。うーん、なかなかおもしろい!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *