compositioned lattice film for Fourier Transform

実験で使用した複合格子の写真フィルム。こいつにレーザーをあててレンズでFourier変換を行う。すると、画像の周期構造に対応したFourier像が得られる。元の画像の中にどれくらいどんな感じの繰り返し構造があるかがわかり、それに応じたフィルタリングをして画像を再構成(逆Fourier変換)することで、元画像に含まれるノイズを除去したり、特定の部分だけ復元したりってことが可能になります。

前も書いたかもしれないけど、Jpeg圧縮なんかもその原理にFourier変換を応用してます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *