SuperKamiokande@Kamioka, Gifu Pref., Japan

マレーシアから帰って来た翌日の早朝、上野発の新幹線に乗って富山へ。富山で昼食を食べたあと、大学のゼミでお世話になった先生に案内していただいて、岐阜県の神岡にあるスーパーカミオカンデという実験施設を見学してきました。

2002年には小柴昌俊さんがノーベル物理学賞を受賞されましたが、小柴さんが研究に使用していたのはスーパーカミオカンデの先代、カミオカンデという装置。スーパーカミオカンデは直径40m×深さ40mの水槽に水をためて宇宙からやってくる粒子が水中で出す光を測定することで、遠くはなれた宇宙の仕組みや太陽の内部で起こっている現象、原子よりもずっと小さい物質の性質などさまざまなことを研究しています。

写真はその巨大水槽の「ふた」に乗って撮影したもの。天井はシートで覆われていますが、そのむこうは普通の岩。ここは坑道の入口から2kmほど入ったところで、完全に山の「中」です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *