Bld1@Hongo

面接試験当日。控え室になっている207教室には、スーツの人半分、私服の人半分という感じ。前方の黒板には「私語禁止」の貼り紙が。部屋の空気はトゲトゲしく、待っていてもちくちく刺さる感じ。

ぼくの面接は11時から。10時くらいに控え室について、1時間くらい待ち。10時59分くらいに名前を呼ばれ、エレベーターで10階へ。天文学科が入っている10階は天文学科の一学年の人数が少ないだけあって教室も小さめ。ドアを開けて入室すると、その狭い教室の座席にびっしり25人くらいの先生が座っている!

エレベーターから降りて部屋に入るまでが一番緊張したか。

黒板の前に一つ置かれた椅子に、先生たちと対面する向きに座ると「受験番号と名前を言ってください」とのこと。そこから面接開始。

結局、夏学期にやった特別実験の話がほとんど。どういう実験だったのか、どういう装置をどうやって作ってどうやって測定したかをぺらぺら喋る。テーマ自体はまぁ普通かもしれないが、作った装置がなかなか面白い(というか普通一人の学生が半年で作ったりはしない)ものだっただけに、いろいろな先生がいろいろな質問をしてくれた。実験パートナーが公務員試験で装置製作にはあまり参加できなかったこともあり、ほぼ一人で装置を作ったので仕組みは全部わかっている。実験装置、方法について聞かれたことには全て答えられた。一つ答えられなかったのは「百年で関東ローム層が何センチ積もるか」という質問。残念ながら地学科ではないので答えられず。まぁ大勢に影響はないだろう。

いやーそれにしても緊張した。あっというまの15分やったがな。発表は26日。先生に「面接の時の内容すごくよかったよー」と言ってもらえたのでドキドキしつつ26日を迎えたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *