Zhuge Liang’s Memorial Temple@ Wuzhangyuan, near Baoji

この日はMonnnくんと別行動。朝7時前に起きて、宿の横の包子屋(饅頭の中に肉や野菜の餡が入ったもの。日本の肉まんの先祖か)で朝食をとってから、鉄道駅前のバスターミナルへ。バスに3時間くらい乗って、西安から西へ170kmくらいの宝鶏(baoji)という街へ。 宝鶏からまたバスにのって、20kmくらい引き返し、目的地である諸葛亮孔明の廟へ。高校時代、三国志の漫画を読んで以来諸葛亮孔明のファンだった。西安に着いてからガイドブックをめくっていたら、彼をまつった廟が宝鶏にあると書かれているのを見つけて、今を逃したら一生行けないだろうと思い行ってくることに。 大きな観光地ではないので、英語の説明もほとんどなし。でも雰囲気はなかなかよかった。「出師の表」という、孔明が北伐の際に皇帝に上奏した文章を石盤に彫ったものが飾られており、その石盤に墨を塗って版画の要領で何枚も印刷して売っているおじさんがいた。冬場は観光客がめったにやってこないであろうお土産屋(売っている物の半分以上は孔明とは関係ない、子供用のおもちゃやビニールのフィギア、キーホルダーなど。日本の地方の観光地の寂れたお土産屋をイメージするとよい)に、売り子の娘さんが二人もいて退屈そうにしているのが気になった。 帰りもバスを何度か乗り換えて、3時間かかって西安へ戻った。 中国のいたるところでそうだったけど、仕事がかなり細分化されていて、上記のお土産屋よろしく「こんなところに人員を配置しておく必要がるの?」と思う仕事をしている人が多かった。特に冬場の観光地は客が来ないから、暇そうにしている人が多かった。おつかれさまです。

discout negotiatior Monnn@Terracotta Warriors Souvenir Shop

兵馬俑坑も観光地のご多分にもれず、お土産屋が大手を広げて観光客を待ち受けている。ホンモノかニセモノかよくわからないヒスイ(日本円で10万円以上のものも売っている。買って行く人がいるんでしょうなー)、西安とはあんまり関係なさそうな絨毯屋、等身大の兵士の焼き物(置き場所に困る!ツアーで一緒だったアメリカ人は甥っ子のためにと1/5スケールの兵士人形を買っていた)などなど。 笑ったのは「兵馬俑チョコレート」。兵士の形をしたチョコ3個入りで800円くらい。人民のみなさんが利用する普通の食堂のチャーハンが1杯50円くらいなので現地の物価からすると相当高い。 同行者Monnnくんはホワイトデー用に兵馬俑チョコを所望。値切ろうとするも売り子のおばちゃんに割引を拒否され交渉決裂。結構いいネタになるはずだった兵馬俑チョコは、このあとのお土産屋では見つからず、結局買いそびれてしまったとさorz。 余談。「兵馬俑チョコがあるなら、敦煌バッコウクツの壁画チョコや万里の長城チョコなんかもあるに違いない」とふんで期待していたけど、結局両方ともなかった。西安の兵馬俑坑へおたちよりの際はぜひ兵馬俑チョコを買ってみることをお進めしますorz

Army of Terracotta Warriors@Xian

この日は朝から宿でやっている西安近辺の有名観光地をめぐるツアーに参加。秦始皇帝陵や兵馬俑などを見学。兵馬俑では学生割引で入場料が少し帰ってきた。海外にくると、日本の観光地も学生料金をもっと設けるべきだと強く感じる。 兵馬俑はまだまだ埋まっている部分も多く調査が進められている途中とのこと。現在の技術で兵士や馬の等身大の焼き物を焼いても、焼成後にバランスがくずれてきれいに作れないんだという。秦の時代の職人がこれほどきれいに焼き物を焼けたのは、出来上がりの質が悪いと始皇帝に殺されてしまうという罰があったかららしい!うーん、すごかった!

Xi’an Station@Xian, China

16時間、硬い椅子に座ってようやく西安に到着。上海駅も西安駅もメチャメチャでかい!西安は城壁都市で、駅は城壁の外にあるので、駅を出るとすぐ城壁をくぐって中に入る。 「歩き方」に載っていた宿に行こうと思ったら、駅で別のホテルLudao Binguanの客引きに捕まる。駅から近く、値段も安くきれいだったので、そこに泊まることに。 — Ludao Binguanの情報は

Hiker Youth Hostel@Shanghai

25日、夕方の列車で上海→西安。列車のクラスは一番下の等級「硬座(hard seat)」。終点まで20時間くらいかかるのに、立席乗車券があるらしく、乗車率は150%くらい。人民のみなさんは、車内でもツバをはき食べ物のごみを床に捨てるので床はものすごい有様。さっき偉そうに切符の確認にやってきた車掌が、30分後には背広を脱いで腕まくりしてモップをもって床掃除。

highrise buildings@Shanghai

上海の有名な景色。100年ほど前、列強諸国が作った「租界」の対岸には、中国が国家プロジェクトとして開発中のエリアが。左端のテレビ塔は、冗談みたいな形で目を引く、が、絶対東京タワーの方がカッコいいと思う。25日に上海に入ってウルムチまで一緒に旅行したMonnnいはく「東京タワーもいいけど、これはこれでいい」とのこと。

oldish market@Shanghai, China

有名観光地、明時代の庭園「豫園」の近くの市場。豫園のすぐ横は、近代的な観光マーケットになっているけど、ちょっと横道に入ると結構古めの市場が広がっている。 — 壁紙などに使える大きめの写真は別のページで公開する予定なのでお楽しみにー

steamed bread@Shanghai, China

2月22日から3月19日まで3週間ちょっと、中国のシルクロードへ旅行にいってきました。ANAのマイレージで特典航空券を手に入れ、成田から上海へ。 上海から西安へ鉄道で移動し、鉄道と長距離バスを乗り継いで中国の西の端、カシュガルにたどり着くのが目標。3月19日までのPODは中国旅行スペシャルですー 壁紙などに使える大きめの写真は別のページで公開する予定なのでお楽しみにー — 1日目、上海に到着。ネットで調べておいたHiker Youth Hostelに荷物を置いて上海の街を歩く。日本のコンビにでひとつ100円で売っている饅頭が1個10円くらい!地図を買って歩き回った。

bowling@Tokyo Dome Bowling Alley

後楽園の東京ドームボーリング場でサークルのボーリング部の活動。安いチケットがあったおかげで1ゲーム150円の激安ボーリング。 4月からは新たに就職してしまう先輩もいるので開催日をどうしようか考え中。

Hamburger Stand FIRE HOUSE@Hongo

本郷三丁目の駅から春日通を少し歩いたところにある、ハンバーガー屋FIRE HOUSE。ハンバーガー1個で800円くらいなので、本郷三丁目駅の目の前にあるデフレスパイラルマクドナルドとは一線を画している。テレビにもよく登場しているけどまだ入ったことがないので、今度挑戦してみようかー。

cat@Yayoi Campus, Yayoi, Bunkyoku, Tokyo

千駄木に引越してから、通学ルートが変わって、毎朝農学部キャンパスの中を通るようになった。本郷キャンパスのすぐ横に、道を一本隔てて作られている農学部キャンパス(弥生キャンパス)にも、本郷・駒場と同様に住み着いているネコが数匹いて、時々顔をみせてくれる。でも本郷のネコと違って結構警戒心が強く、新参者にはなかなかなでさせてくれない。

new shoes

新しい靴を買った。Merrelの靴に非常によく似た(世間ではパクリというのか?)靴。ホンモノ(?)のMerrelの方が、3年くらい履いて結構ボロボロになってきたので。 これから、何か新しいものを買った時は使い始める前に写真を撮って、いつから使い始めたか分かるようにしておこう。

Tan Tan Men@Shimokitazawa

今日は2006年04月02日。ほぼ2ヶ月ぶりの更新です。読んでくれている方、ありがとうございます。 友人と下北の担々麺屋で夕食。東京にでてくる前に観た「ざわざわ下北沢」のイメージか、近所に住んでいた頃も引越したいまも、下北はいろんな人があつまってざわざわしてる、活気のある街に思える。 — 「

hongo cat@Hongo

本郷キャンパスの医学部本館横に済んでいるネコ。 このエリアの本郷ネコはえさをいっぱいもらっているので体格がいい。でもえさをくれない人にはあんまりなでさせてくれないー この写真はメチャお気に入り。大きいサイズでどうぞ。 なんか「どーもこんにちわ」って言ってるみたいー