desert@Silkroad, China

この日は、朝起きて「長城懸壁」という、急な斜面に作られた観光用の長城を観てから、バスで嘉峪関→敦煌と移動。6時間でつくはずのバスが9時間くらいかかってようやく到着。

補修中なのか建設中なのかわからないけど、途中の道がこれがまたすごい悪路で、上下左右にがたがた揺れる上に砂埃がバスの中にまで入ってくる。しかも席が狭い!

暗くなってからは結構星がきれいに見えた。同行のMonnnくんは、途中の停車場でバスを降りそうになって、危うく敦煌へいきそこねるところだった。

夜、午後10時くらいに敦煌着。バスの荷物入れに入れておいたバッグは砂だらけ。狭い国にゴミゴミしながら生活している日本人には、広大な砂漠の中を何時間も走るというのは精神衛生上よくないらしく、二人とも結構まいってしまった。つかれたー。

しかも疲れに拍車をかけたのが宿の風呂。冬場は客が少ないのでお湯を出していないとのこと。「体を洗いたいんだけど」とフロントのおねーちゃんに聞いてみると「言ってくれればポットに入れたお湯を持って行くからそれでどうぞ」とのこと。なるほど。

ポットのお湯を洗面器(部屋に用意してあると思ったらこのためか)に注いで、水でうめて体を洗う。これでもなんとかサッパリするもので。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *