Kizil Thousand Gods Cave@Kuche or Kuqa

砂嵐の中を走った列車は、12日の夜にクチャ駅に到着。少し砂を含んだ乾燥した風が冷たい。体感気温-4度。駅から街の中心部までは8kmくらい離れているので歩くのは不可能。一緒に列車を降りた客はタクシーを捕まえてすでに出発してしまった。ぼくらもウロウロしていると凍ってしまいそうだったので、そそくさとタクシーをとめて2人で10元(=160円)で街まで送ってもらう。

トルファンでもお世話になった「交通賓館」に泊まる。一泊35元はちょっと高い気がしたけど、シャワー・トイレ付きなので仕方ないか。

タクシーの運ちゃんは「明日はどこか観光に行かないのか?」と営業に熱心。Monnnはキジル千仏洞という仏教遺跡へ行く予定だったので料金交渉。往復150kmでタクシー代は二人で180元。結構かかったけど、ここで行っておかないとたぶん二度と行くことはないだろうからと奮発。

朝、9時にホテルの前に集合してタクシーで千仏洞へ。

千仏洞のなかでは、少し英語のできるガイドが案内してくれた。ほとんど観光客が来ない冬場でも常駐していないと行けないというのは大変な話だ。

それぞれの洞の中の壁画や仏像は大部分が破壊されたり持ち去られたりしていて、敦煌莫高窟よりは「わかりづらい」感じ。イスラム勢力の広がり方の違いなんだろうか。

洞内はカメラ持ち込み禁止なので、写真で残せるのは外観だけ。それにしても寒かった(歩いているだけで膝がガクガク震える)!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *