An aerial Beijin photograph 2007-08-08

旅行先で、現地の博物館や動物園に入るのが好きなので、北京でも何カ所か回ってみた。

写真は、北京市街中心部(故宮の目の前)にある、北京都市計画展覧館の中で撮った一枚(日本だと撮影禁止の博物館も多いけど、海外はアジア・ヨーロッパとも、マナーを守れば写真OKのところが案外多い)。この展示館の目玉は、北京市のジオラマ。ひとつひとつのビルやアパートが、本物と同じ形、色で細かく再現されている。かなり広い範囲(半径〜5-6km?)がジオラマ化の対象になっていて、滞在中に宿を提供してもらった、朝陽門外にある友人先生の高層マンションも、そっくりそのままの形で建ってたのには感動(ほんとうにお世話になりましたmm)。

ジオラマは現物でないとすごさが伝わりづらいので、本物は現地でお楽しみください。上の写真に映っているのは、ジオラマの外、郊外区域の航空写真。色合いがよかったのでこっちをアップロードしておきます。

北京ではこのほかにも、盧溝橋の抗日戦争紀念館や北京動物園も訪れた。改修中で入れなかった毛沢東紀念館や市街北東部の鉄道博物館など、まだまだ見物は残ってるから、あと何回か行ってこないと…。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *