Pontoiru Ikebukuro 2008-07-27

先週金曜に引き続き、パスタネタ。最近、夏バテ気味で、ちゃんとした食事をとる気がしなくて、どうしても簡単に食べられる麺類に流れがち。そこへきて、油こってりのラーメン屋は敬遠しがちなので、パスタが昼食の有力候補。

池袋で遊んで、昼はパルコの8階に入っている「先斗入ル」へ(ぽんといる、と読む。なんで?)。以前来たときは、時間がわるくて満席だったけど、12時前に入った今日は8割くらいの入り。

鴨と九条ネギのジェノベーゼ。ジェノバソースはバジルの香りとチーズの味が効いていて、とてもおいしいいっぽうで、ソースのかかっていない、素のままのパスタも、かなりいける味。一緒に頼んだ抹茶ラテともども、期待を満足させる内容で◎。ただ、「梅干しダメ、漬け物ダメ、昆布ダメ」という、日本人力が怪しい自分には、セットで注文すると、つきだしとして出てくる、京昆布の細切りの量が限界を軽く越えていて、大変だった…。味とは関係ないけど、上の写真はピンボケ&なんだかわかんないけど合成っぽい、ということで0点。

本当は、池袋周辺のいろいろなお店を開拓したいんだけど、建物の外は人間が歩ける気温でなくなってきてるので、このところは駅ビルの中で、いろんな用事を済ませてしまうことが多い。涼しくなる秋〜冬に、面白そうなところを巡ってみよ。

 

帰りは、地下鉄をちょっと遠回りしてみた。自分が乗った、銀座線溜池山王→千代田線国会議事堂前の乗り換え表示「あと160m」の横に、銀座線溜池山王→丸の内線国会議事堂「あと455m」なんて表示があって、ひっくり返りそうになった。どんだけ遠いんやー!

写真は内装工事中の千代田線ホーム。ゴツゴツしてて、ちょっと不気味。それにしても、今日はカメラの調子がわるいのか、どの写真もちょっとピンボケ(Robert Capaの「ちょっとピンボケ Slightly Out of Focus」もどうぞ。20世紀に発行された本の中で、最も優れたタイトルを持つ本のうちの一冊)。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *