Yokohama 2009-01-11

横浜美術館で開催されていた「セザンヌと仲間たち展」に行ってきました。部屋の掃除と洗濯をして、昼ご飯を食べてから京浜東北線で1時間、桜木町へ。

みなとみらい、ランドマークタワーの隣にある横浜美術館に着いてみると、チケットを買うところからすでに行列で、館内もすごい混み具合。気に入った絵だけじっくりみることにして、さっさと出てきてしまったけど、風景画がとくによかった。ピカソの、わけのわからない絵もよい。

ただ、それぞれの絵の横に貼ってあるパネルの説明の口調や内容が専門的すぎて、自分を含めて、「セザンヌね。名前は知ってるよ」くらいのノリでみにいっている数多くの初心者にとっては学ぶものが少ない、敷居の高い展示会だったような気がする。主催者と来場者のギャップが大きいような感じがする。

 

続いて、ランドマークタワーを通ってワールドポートセンターへ。

昨日のジェットコースターとちょっと似てるな。ランドマークタワーの麓にあるオブジェを下から眺めた図。

 

途中の売店で、おやつにタコスを買って食べた。ちょっとピンボケ

売店のメキシコ人のおねーちゃんが元気に売り子やってて◎。

 

前に横浜に来たときは、あんまり街をみることができなかったから、きょうは元町と中華街を歩いてみようということで、周遊観光バスで元町へ。3連休のせいか、道路は渋滞してて、バスは30分以上遅れて到着。でも車窓から見える景色が洗練されていて、ぜんぜん飽きない。東京のごみごみ感がなくて、計画的に、景観に配慮した町づくりを目指しているのがよくわかる。海に近いのと、通りに面した建物の雰囲気が上海の街なかと似ている気がした。

元町商店街も、通りの雰囲気が揃っていてきれい。並んでいるお店も、お土産屋やブランドショップじゃなくて、ちゃんと地元の人が買い物するところなのが雰囲気をよく見せる。

写真は建物にくっついていた看板。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *