High Dynamic Haerbin 2009-02-14

上の写真は、2/14にCRHで長春へ移動する前にハルビンで撮ったもの。高層ビル群のふもとのごみごみした路地に、今もぎりぎり残っている(周りの様子からすると、もうすぐ取り壊されるかもしれない)、日本時代の古い建物。

 

 2/13

 朝、ホテルの周りを散歩する道筋にあった、旧シナゴーグやモスクなどを見学。1時間弱歩いただけなのに、絶望的に寒かった…。気温自体は-10度とかなのかもしれないけど、風が強くて耳がとれそうなくらい寒い(というか痛い)。あんまり気温が低すぎて、iPodのイヤホンケーブルはハリガネみたいにカチカチになってて笑ってしまった。

 

Modern Hotelをチェックアウトし、鉄道駅の向こう側に予約してあった次の宿へ移動。距離的には、2kmくらいだったから、「お昼近くだし、さすがに気温も上がってるでしょ」という甘い考えから、散歩気分で歩いていくことに。でも、歩いてみると、やっぱり寒い。こうして文字にしてみると、語彙の無さがなせる技か、全然寒さが伝わらないんだけど、ほんとーに、メチャメチャ寒い。マグロとかを冷凍する巨大な業務用冷蔵庫の中に入って、すぐ目の前でCMや映画の撮影で使うような直径2mくらいの巨大な扇風機を「強」で回ってるかんじ(全然わかりづらい)。タクシーを捕まえれば、すぐそこなのに、意地になって歩き通した。

 

寒さもそうだけど、もう一つ衝撃的なことが。体温も-5度くらいまで下がりながら、ホテルまであと100mというところまで来たところで、突然「ドンッ」という音がしたと思ったら、なんだか腕が痛い!なにごとかと思って周りを確認すると、後ろから走ってきたパトカーのミラーと自分(の左腕)が衝突したらしい。パトカーは全く速度を落とすことなく(広くない道だったから時速30kmくらい?)、そのまま走り去ってしまった。いやー、痛かったけどミラー程度ですんで良かった。そのあと、ホテルに入る直前で、大型バスの前輪にめり込んでいるタクシーに遭遇し、やっぱり歩いて移動して正解だったと、適当に納得しておきました(中国(だけではないけど)の交通マナーはまだ「もう少しがんばりましょう」状態で、複数車線をタクシーや一般車が抜きつ抜かれつのカーチェイスをやったりしてるかと思えば、すげー交通量の多い道路を平気で歩行者が(勝手に)横断している。「よく事故が起きないよなー、『自分の安全は自分で守る』みたいでたくましいなー」などと感心していてはだめで、実はそこらじゅうで事故は起きています。2007年夏、北京で乗った頤和園行きの市バスも、大きな交差点でタクシーとぶつかって立ち往生…。万一のために、海外旅行のときは海外旅行傷害保険の適用項目をよく確認しておきましょう。ていうか、括弧中の文章が長い)。

それでも、チェックインしたホテルで凍った体を解凍して、黒竜江省博物館や、プロテスタント教会、旧ヤマトホテル(南満州鉄道株式会社(満鉄)が、満州鉄道沿いの街に建設した当時の高級ホテル)を見学。残念ながらカメラは9割の確立でエラーになって撮影不能だったので、全然写真が残ってません。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *