Panoramic Haerbin 2009-02-12

大連からの寝台列車は、帝国主義時代のロシアや日本が建設を進めた旧満州鉄道のあとをなぞって、朝の7時10分にハルビンに到着。駅を降りると、大連よりも少しは寒いかな、という程度。「地球の歩き方」書かれていた『マイナス20度』にビクビクしていたけど、なーんだ、たいしたことないじゃん(と、思ったのはやっぱりあさはかで、こんなことを言ってられるのは実はこの日まで…)。

件のおじさんに、ホテルまでのタクシーをおごってもらい(謝謝)、ロシア時代、日本時代の建築が残っている中央大街にある「Modern Hotel」にチェックイン。今回の旅行は、『年末の鹿児島缶詰の腹いせに、いいホテルにとまろう』がテーマ。このホテルは、1906年に建てられたもの。内装は現代風になっているけど、創業当時の調度品などの展示が雰囲気でてる。

荷物を置いて、近くのベーカリー(パンとコーヒーとクッキーがおいしかった!)で休んでから、街歩き。うーん、古い建物は、細かいところまで気配りをして建てられているのが、デザイン、彫刻や装飾から伝わって来る。

 

上の写真をパノラマムービーに変換したものもアップロードしておきます。操作方法や必要なプラグインに関しては2009-02-11のエントリを参照してください。

 

夜のライトアップをHDRiにすると、ちょっとかわった雰囲気に。大画面でみると、なんだか錯視のようなかんじで、気分が悪くなりそう…!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *