Hoi truong Thong Nhat 2009-08-08

元大統領官邸「統一会堂」を見学。建物は、戦時中の1966年に現代風に再建されたものとのこと。風通しがよく、外の光が入ると石の色がうす青く変わって、とてもきれいにみえる。 直線+薄いグラデーション。 常時あったかいから、外と中を仕切る完全な壁はない(部屋ごとに壁とドアはあるけど)。 風がすずしい。 2階の窓。採光のしかたも凝っている。 見とれてしまうくらいきれい。 屋上。ベトナム戦争が終わってから生まれているので、あまり当時の様子をしらないけど、ここからヘリコプターで脱出した南ベトナムの人たちもいたんだろう。いまとなっては想像しがたい景色。

Lunch HCMC 2009-08-08

散歩途中、カフェで昼食。バイクタクシーのおじさんも、家に帰って食べてくると言っていた。11時半〜12時くらいになると、ホーチミンシティの街中は、お昼を食べに帰る人たちのバイクで大渋滞。ラッシュが日に4回あるのね。写真は、目玉焼き付きナシゴレン。

Bowling at HCMC 2009-08-08

ホーチミンシティのボーリング場の価格を調べるために、いろいろなデパートの最上階へ。 日本でも他の国でも、ショッピングモールの中の構造はだいたいどこもおんなじで(どこ発祥なんだろう?アメリカ?)、一階は化粧品、上階の方はレストラン街、地下はスーパーマーケット。このデパートでは、最上階にボーリング場+ゲームセンターが入っていた。レーン数は10くらいで、結構小規模。他のボーリング場も、かならずゲームセンターと併設されていた(日本も、とくに田舎のボーリング場は「アミューズメント」のひとくくりで、大規模なゲーセンといっしょになって営業しているところが多いですね)。 上の写真が斜めっているのは、警備員の目を盗んで隠し撮りしてきたからです… 市場調査のために、価格表を探してみたけど、そもそも申込や支払いを行うカウンターのようなところが見つからない。キョロキョロしていると、掲示板にそれらしい張り紙が。20000〜30000VND/gameとなっているので、1ゲーム100〜150円。日本の1/4くらいかな?サトウキビジュースが3000VND、安いコーヒー一杯が10000VNDくらいなので、食費と比べたときの比率は、日本と同じくらいかな?

HCMC 2009-08-08

ホーチミンシティを歩いてみる。思ったほど気温も湿度も高くなくて、散歩もしやすい! 定番のベンタイン市場を見て回ってから、バイクタクシー(1日で10ドル)で市内をいろいろと巡ってみる。写真は、歴史博物館の裏庭においてあった、ベンチ。SAIGON。 散歩の途中、喫茶店でフルーツジュース。鮮やかなオレンジ色基調のデザインがきれい。 グラスにささってるドラゴンフルーツは、見た目が期待させるほどの味はなくて、飾りが主目的。 10,000VNDで50円。ベトナムはカフェ密度が日本よりもかなり高そう。都市には、東京よりもカッコイイようなカフェも多く、田舎町にいっても道ばたカフェがたくさん営業している(田舎にもカッコイイ/趣向を凝らしたデザインのカフェもおおい)。 郵便局。古い建物がきれいにつかわれていた。 壁面にはサイゴンの古い地図が。お土産に欲しかったけど、見つけられなかった! ベトナム旅行シリーズでは、いろいろな「花」をお届けします。 全然名前がわからないので、知っている人はまた教えてください!^^

HCMC 2009-08-07

バンコク経由でホーチミンシティーに到着。成田からのタイ航空は、シートの布がはがれちゃってるような、ボロヒコーキで、映画も見れず残念だった…。 すでにバスはなくなっているので、空港からタクシーで安宿街ブイビエン/デタムに移動。到着が遅くなることがわかっていたので、宿はとっておいた。デタム通りは、日本語で話しかけてくるバイクタクシーの運ちゃんが多い(結局、そのうちの一人に乗せてってもらった食堂で夕食を食べた)。 ぶれちゃってるけど、やっぱりバイクが多い!