Hue 2009-08-10

フエ王宮の入り口。小雨が降っていたので、折り畳み傘を開いて走っていたんだけど、近くに自転車をとめるときにカゴのところにいれたまま忘れてた!王宮の中の見学も8割くらいまで進んだところで雨が降ってきて、残り2割は急ぎ足ででてしまいました。晴れてたらもっと写真もきれいだったんだろうけど。王宮の中の売店でコーラを買おうとしたら、やっぱりおねーちゃんが少しだけボろうとしてきちゃうユルさが、世界遺産さを薄めているような… 王宮をみたあと、自転車をこいで、フエと近郊の町を散歩してみた。市街地を出ると、バイパスや森、小さな町を、地図を見ずに走った。近く(15km)にビーチがあるということだったので、だいたいその方向を目指して。でも途中、こっちもおもしろそうかな、という気分で、道なりに行けばいいところを、小さな橋をわたって横道に入ってみた。20分ほど走って、行き止まりになって引き返すまでに、小さな町の結婚式(普通の民家が飾り付けられていて、バイクがいっぱい停まっていて、たくさんの人と、ガンガンに流れる音楽)の横を通ったり、アヒルと遊ぶ女の子、風通しの良さそうな木造の家の軒先にイスをおいて営業中のカフェ、見渡す限りの水田。自分の目で景色をみるのが楽しくて、写真を撮るのを忘れていたみたいで、いま見直してみても、あんまりそのときの写真が見つからない!

Hue Palace 2009-08-10

朝8時におきて、ホテルで朝食。肉団子入りフォーとベトナム緑茶。食後、昨日と同じく隣の旅行代理店で自転車をレンタルして出発。昨日は外からしか見れなかった王宮へ、橋を渡って向かう。入り口でチケット(5.5万ドン)を買って中にはいると、敷地内にはよく保存・修復されている建物もあれば、壊れたまま野ざらしになている建物もあって、ちょっとびっくり。戦争での被害は大きい。天安門みたいにすごく混んでいるのかとおもって身構えていたら、時間がすごく早かったわけでもないのに、すごく空いていて、ゆっくり見学できた。 写真は、ほんもののHDRI。色鮮やかに、きれいに撮れた(曇り空も赤を引き立てるための演出かな)!

HCMC Church 2009-08-08

ホーチミンシティを散歩している途中にとった、郵便局前の教会。ちょっと分かりづらいですが、パノラマ合成になってて、奥行き感(というか、上に伸びてる感)を出したあとで、そのワンショットからTopazを使ってHDRI風にしてみました(雲のあたりのノイズはご愛嬌)。

Gecko 2009-08-09

ヤモリも、店内の景色の一員として、立派に仕事してました! 元大統領官邸や、このお店、フエの後に回った街のレストランやカフェ、ホテルなどほとんどがそうだったけど、「壁」が少なくて(壁があっても、窓が大きかったり、ドアがなかったり)、風とおしがよかったというか、とても開放的な雰囲気が感じられた。日本だと冬寒いから、密閉性が重要で、一年中暑いところだと風通しが重要なのかな(でも、横なぐりのスコールが吹き込んだときなんかは掃除が大変そう…) お会計をする部屋。折衷という言葉がよくあっている。働いている人たちもとても丁寧で、料理もおいしくて、いいお店だった。 お腹いっぱいになって、帰り道(かなり市街地から離れた住宅街のようなところにあるお店なので、行き帰りの道はかなり暗い)を走る。月がきれいで、風がきもちよくて(ぼくがベトナムにいた期間、日本より涼しかった)、いい気分。 川沿いの公園にたちよって、橋のライトアップを撮ってみた。三脚なんて持ってきてないから、微妙な傾きを調整した自転車のサドルにカメラを置いて撮影。きれい。フエは、マレーシアのマラッカと並んで、好きな街ランキングの上位に入ってきそうな予感。

Hue Restaurant 2009-08-09

フエの市街地を通り、バイクにまぎれて夜景がきれいなTrang Tien橋(このあたり!)をわたって、王宮を通り抜けて、15分ほど走って、有名なフエ王宮料理のお店へ。すごく手頃な値段で、コースメニューを食べさせてくれる。店内の雰囲気も、南国+中華的なベトナムらしさを感じさせるものになっていて、外国人旅行者でいっぱい。家族で来ている、年配の人たちが多かったです。 料理の例。にんじんとパイナップルでかたどられた鶏の背中に、肉団子フライがささってる!パイナップルの中にはろうそくがともっていて、写真でみるとわかりづらいですが、けっこう見応え食べごたえがありました。 (ピンボケですが…)こちらは鳥と野菜のミンチを、揚げせんべいに載せて食べる料理(お品書きに寄れば、Mixed salad。そのままやな!)。でも、さっぱりサクサク感がおいしかったです! なんだっけ、スープが入ってたのかな?食器がきれいなので載せてみました。一杯目に飲んだレモンソーダ(写真のジュース)は普通においしかったんだけど、二杯目に頼んでみた「タマリンドジュース」は、ものすごい甘さで、他の食べ物の味がかんぜんにぶっ飛んでしまう強烈さ。インドネシアで1杯10円で飲みまくった謎ジュースも、いまとなってはこれだったような気が…。

Flower 2009-08-09

空港前の花壇の花。「さすがベトナム、カラフルで南国っぽいね」なんて思ってたら、日本でもいたるところに咲いていました! 空港で1時間半くらい待って、ベトナム航空254便でフエへ。機体が小さかったせいか、かなり揺れがひどくて、ひさびさにかなり怖かった!フエのフーバイ空港→市内は、ベトナム航空が運行しているシャトルバス(4万ドン)で移動。途中の景色が、典型的な東南アジアの田舎町という感じで、見ていて全然飽きない。道沿いにまばらに並ぶ、小さな商店やネットカフェ、本当にお客さんが来ているのかわからないレストラン、田んぼ、バイク、暗い街灯(でもいい雰囲気)。旅行してるな、という感じになった。 フエ市内についてから、歩いてホテル決め。「歩き方」に載っていた宿はどこも満室だったので、近所のBIN MINHというホテルに聞いてみると、空いているとのこと。狭い路地を入ったところにたっている宿が多い(そしてそこが満室)なか、広めの道に面していて6F建て。フロントのお姉ちゃんがとても元気で愛想がよく、英語もちゃんと通じるうえに、部屋を見せてもらったらすごくきれいな木目の床!これで$15は安い!HCMCの宿より安いのに、ぜいたくなつくりだった^^。 荷物を置いてから、ホテルで自転車を借りて、街を走ってみた。晩ごはんも食べないと。

Cafe 2009-08-09

MOJOというカフェで休憩。ホーチミンシティの中心部にあるカフェ群は、かなりレベルが高くて、スターバックスなどの欧米大手とも十分やりあえるくらい。ここも、黒とオレンジを基調にいい雰囲気だった(とくに花)。チョコティラミスをたべながら日記を書いてから、近くの国営スーパーで買いもの。とくに今回の旅行で絶対手に入れるぞと意気込んでいた、練乳の缶詰を買った(1本50円くらい)。うーん、かさばるな…。 午後の便でフエに向かうために、バイクタクシーでホテルに戻り、チェックアウト。フエ→ホイアンと回ってから、同じ宿に泊まることにしていたので、お土産の荷物は預かってもらった。写真は旅行者用ホテルがならぶブイ・ビエン通りのパノラマ(夜になると、左手奥のバッファロとその向かいのという居酒屋がすごい盛り上がりよう。なんか騒がしいなと思ったら、旅行者(?)と地元の人がケンカしてて(かなり本気で殴り合ってて結構怖い)、救急車や警察が来ていた)。 バスで空港へ。空港バスは、安いし、エアコン付きだし快適。ただ、空港→ホーチミンシティ方面も午後6時過ぎで終バスなので、夜便で空港に着くとタクシーしか選択肢がないので注意。ブイ・ビエン通りやデタム通りから近い(〜5分)ところにバス停があるのも便利(ホテルの人に聞くとだいたいの場所を教えてくれるし、近くまで行けば一目でバス停とわかるので安心)。30分くらいで到着。