Digitizing books 2010-10-22

IMG_1481.JPG

最近、本をデジタル化することにしました。引越のときに、いかに本が大きな容積を占めているか(家賃のいくら分になるんだ!)を実感したことと、近所のHardOffでCanonのドキュメントスキャナDR-150が安く手に入ったというのが理由です。

裁断機は、職場にあって使い勝手が良かった「プラス 裁断機 裁断幅A4 PK-513L」にしました。買っておいておくと、大きさと重さから、やっぱり部屋の容積をくってしまって本末転倒なので、今回はネットからレンタルすることにしました。1週間で5370円(往復送料込み)でした。

有給休暇と帰宅後の時間を使って、段ボール5箱以上の文庫、単行本、学術書を裁断しました。取り込みは、厚みにもよりますが1冊6-7分でしょうか。まだ半分くらい取込み待ちの本が積上っていますが、全部やってしまえばかなり部屋が広くなるんじゃないかと思います。iPad3が出たら買って読むぞ!(それまではiPhoneの画面でがんばりましょう)

2 Comments
  1. 本の容積に払っている家賃を一年分計算してみると、もっとうらやましくなると思います!
    こっちでの取込み作業が完了すれば、スキャナは使ってもらえるので必要な人がいたら言ってください。>POD読者のみなさま

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *