Wikipedia 2011-11-19

Wikipediaを運営しているwikimediafoundation.orgが、寄付を募っていたので、毎年好例で1500円寄付しました(安いか)。みなさんも、日々の生活で大変お世話になっていると思いますが、可能な範囲で、ぜひご協力を。

Books: バンコクに惑う/下川裕治

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 バンコク探検に似ていた。下川さんの本のうち、6割くらいを読み終えたと思いますが、ことバンコクについて書かれた本では、どれも同じように思えてきて(あまり時代を感じない)、どのトピックがどの本に書かれていたか、よくわからなくなってきます。 最近は、バスや電車でユーラシア大陸横断などの企画物のほうが好きかもしれません(asahi.comで連載しているのをD論書きながら読んでいたこともあります)。

Books: アジアほどほど旅行/下川裕治

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 著者も、この本では40代を迎えて、学生など若いバックパッカーが集まる安宿に、ちょっといづらいなと感じている。地元の人たちが泊まる、中級クラスの宿(バックパッカーが好んで泊まっていた安宿は、現地の普通の人は泊まらない; 日本でも出張でカプセルホテルを利用する人は少ないのと同じか)に泊まり、ある程度は飛行機移動も繰り込んで、激安ではなく「ほどほど」に旅行してみました、という旅行記。「12万円で世界を歩く」から始まった、激安旅行紀とは少しおもむきがことなります。 すでに多くの著作を発表している作家、とくにエッセイや紀行文など、自分に関係する話を書いている作家の本を、あとになって好きになって、連続して読んでいくと、著者の年齢に伴う成長というか、時間の流れを感じることができて、自分もこの先こういう風に考え方が変わっていったりするのかと参考になるところあったりします。 この本も、電子化するために背表紙を切ってあったものを、セロテープで製本しなおして、San Antonioからの帰りの飛行機で読みました。 (それにしても、amazonにもこの本の表紙イメージが登録されていないとは…残念)

Books: 新・バンコク探検/下川裕治

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 バンコクの話。ここ数ヶ月のタイ/バンコクは洪水で大変だったりしますが、この本に出てくるバイクタクシーの運転手は大丈夫だろうか、多くのソイ(小道)も水に浸かってしまったんだろうかと、具体的なイメージを伴って想像させられる内容でした。 電子化の為に背表紙を切ってスキャンしたものの、やっぱり紙で読むという行為も捨て難く、アメリカ出張に持っていきました。読んでみてわかった事ですが、実は文庫本って、背表紙をなくして、180度開くようにした方が読みやすいです!適当にセロハンテープでとめてあるだけですが、途中のページが抜け落ちたり、鞄の中で散逸したりということもありませんでした。

Popcorn Machine 2011-11-09

今回の会議のコーヒーブレイクでは、アメリカらしく(?)、ポップコーンマシンが登場。こういうことにお金をつかってしまったからか、バンケットの食事のクオリティは、もうひとつだったような…。でも最終日に飛び込みで入ったレストランでは、美味しいステーキとフォンダンショコラを食べられたので、なんとか満足して帰ってくることができました!

San Antonio 2011-11-07-11

衛星内の通信技術関連の学会参加のため、11/7〜11の間、テキサス州のサンアントニオにいました。今回は二つ発表があると同時に、「すざく」X線衛星の観測提案の〆切も重なっていたので、会議が終わってもホテルで作業しているばっかりでした。 でもサンアントニオのダウンタウンはそれほど大きくなく、見どころも「アラモ砦」という、200年くらい前の遺跡と「Riverwalk」という川沿いのレストラン街くらい。楽しみにしていたテキサスらしいサボテンや早撃ちガンマンには全然出会えませんでした! これで今年の海外出張も終わりかとお思いきや、来月も入りそうな勢いです。

MAXI Daily X-ray Flux Ranking 2011-11-05

宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」に取り付けられた、理化学研究所がリードして開発したMAXI全天X線監視装置の、1日ごとの観測データがhttp://maxi.riken.jp/fluxtop/fluxtop.html から見れます。銀河系の中の、中性子星やブラックホール(の連星系)など、高エネルギー天体からのX線放射強度のランキングが、洋楽Top40みたいな感じで面白いです(上位が固定されているのは、しかたがないか。AdeleやLMFAOがはやっているのと同じようなことです。違うか。)

Pressurized Daikon 2011-11-04

石川のばーちゃんから、圧力鍋を送ってもらいました!千駄木にいたときはたまに使っていたので、その便利さは十二分に知っています。もうこれで大根もジャガイモもニンジンも肉も、たった5分でホロホロになります!これからの寒い時期には超重宝しそう。

Palermo, Monreale, and Mondello 2011-09-15

9/15の会議は、午前中にぼくの発表がありました。なかなか好評でした。 会議の後、バスに乗ってPalermoの市街へでてみました。南イタリアという気候的なものなのかもしれませんが、建物の雰囲気がヨーロッパの北の方と違って、なんだか簡素で、南国っぽいというか、街全体がちょっとした適当さを醸し出していました。せっかくなので、市内を回る観光客用バスに乗って、Monrealeという山の方にも足を伸ばします。 上の写真は、MonrealeからPalermoの街を見下ろしたときに見えた、二重の虹。街の感じと併せて、すごくきれいです。Monrealseでは、聖堂を見学したり、お土産用のワイン(Monrealeでもぶどうをつくっていて、オリジナルのワインがあるということでした)を買ったりします。高台になっているので、上の写真のパノラマ版もとってみました。それはまた次回アップロードします。 建物の雰囲気はこんな感じ。完全に青空だったら、マレーシアなんかと似たような雰囲気かもしれません。 Palermoしないから、海の方を眺めます。 着いた時は暑かったので、思わずジェラートを買ってしまいました。が、気温に負けて、ジェラード自身もちょっとだれているようです。 同じくPalermo市街。こうやって、裏路地をみると、雑多な感じ、車の止め方、横断幕が、中国っぽい雰囲気にも感じられます。 もちろん待ちの中心部には、歴史ある重厚な建物もたくさんあります。 Palermoはイタリアマフィアの街、ということで、アルファロメオに乗って巻きたばこを吹かしている、典型的なマフィアイメージにぴったりの人がいたので、思わずバスの上から激写してしまいました。もし見つかっていたら、ハチノスになっていたかもしれません。 歴史ある建物2。