Book: アジア迷走紀行/下川裕治

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

オランダ出張の行きの便で読み始めて、帰りには読み終えた。どの本で読んだかわからないほど出てくるタイでの話以外に、密入国のルポや、食べ放題のエッセイ、空港の風景は、少しは目新しい。「アジアンジャパニーズ」の章を読んだ帰り道、町田のブックオフで小林紀晴のASIAN JAPANESEを買った。家に帰って、注文してあった「旅行人」の最終巻を受け取ってみると、下川さんも寄稿していて、時代の流れと言うか、節目を感じた。

アムステルダムからフランクフルトへの便が遅れたせいで、フランクフルトでの乗り換えはとてもタイトでした。なんとか間に合ったと思って、初めてのA380にドカっと座って成田についたら、預けた荷物はフランクフルトで乗り遅れていました…(後続のANA便で届けられて、明日宅配されるそうです)。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *