Weekend in Boston 2014-01-26

IMG_0735.JPG

ボストンでの最初の週末は、Apple Store Boylston Streetに行ったり、クラムチャウダーを食べたり(Newbury StreetのJoe’s American Grill and Bar; 濃い味だけどポット代わりのパンとあっていておいしかったです)、水族館 New England Auarium を見学したりしました。この水族館では、ボストン湾の海水をひいてきて、4種類くらいのペンギンが飼育されていて、いくら見ていても飽きません。

IMG_0743.JPG

ちょうどお昼ごはんの後だったようで、イワトビペンギンはみんな食後の昼寝をしていました!横になっているときの目(眉毛)の感じがかわいいですね。

IMG_0738.JPG

この水族館は(アメリカはどこもそうかもしれませんが)教育・普及活動にも力を入れているようで、上の写真のような啓蒙パネルがいくつもならんでいました。

IMG_0737.JPG

日本人は(ぼくも)「海をきれいにしましょう」という表層的な言い方で(水族館側もお客も)満足して終わってしまうことが多いかもしれませんが、アメリカ(に限らず欧米では、といってもいいと感じますが)では、もう一歩深めて、それぞれの立場にいるひとのreponsibilityがちゃんと提示されているように感じます。たとえば”Learn about the environmental practices of the companies you buy from and use your consumer power to make a difference.”という文章には、このパネルを見た人が単に「海をきれいにしたいな」と「思う」だけで終わらないよう「状況を変えるために、あなたも勉強しなさい」という、お客の責任を訴える内容のメッセージが明示されています。

環境保護の話だけでなく、仕事の進め方という点でも、日本ではそれぞれのpostにおいて期待されていることと責任を明確にすることが必要なのかなと、この3年間で強く感じるようになっていて、それに関連して(ペンギンを見ながらも)思わず考えさせられる展示でした。

New England Auarium

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *