やきとり 和楽美(わらび) 成増〜赤塚 2015-04-17

IMG_0016
仕事の帰りに、前から気になっていた焼き鳥屋に入ってみました。川越街道を走って自転車で通勤するとき、地下鉄赤塚と地下鉄成増の間の坂を下る途中に右手に見える、壁面にレトロな味のある絵が描かれたお店。ぼくの好きな、古き良きタッチ。ちょうど1年くらい気になったままにしていましたが、ようやくお店の中へ。

おかみさんに「表の絵が気になって入りました」と伝えたら、「そんな人は初めてね。いい絵でしょ。向かいの看板屋のおじさんが『ペンキが余ってるから描いてあげる』っていって描いてくれたのよ」と教えてくれました。そのおじさん、銭湯の浴室の背景画を描いていた「銭湯ペンキ絵師」だったそうです。正面のエプロン姿の女性はおかみさんがモデルとのこと。確かに、そう言われると似ていますね。

IMG_0015

焼き鳥とおつまみを何品かいただきました。焼き鳥は冷凍肉を使わないというのがこだわりとのこと。ぼくが好きなねぎまも、オススメのレバーも美味しかったです。定食もやっていて、会社帰りに定食を食べに寄っていく独身男性も多いとのこと。

途中で入ってきた顔なじみのおじさんが、入り口近くの定位置に座って焼き鳥を頬張る様子は、まるで「アクション」や「ビッグコミック」の漫画にでてくる居酒屋に紛れ込んだかと錯覚するようなくらい、「古き良き焼き鳥屋」の姿を見せてくれました。

やきとり 和楽美(わらび) – 板橋区成増2-5

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *