稲城の梨 2014-09-04

今年の夏も、おいしい梨をたくさん食べました。甘いし、食感がいいし、瑞々しくて、皮もむきやすい。はっきりとはわからないのですが、果物の中で一番、梨が好きかもしれません。 東京の稲城で梨が特産品になっているというのは、東京に来て10年全然しりませんでした。というか、稲城市のキャラクタは完全に梨の形をしていて、市のウェブサイトもこのキャラクタで飾られています。ゆるキャラは好きではないのですが、梨なので規制を緩めて載せておきます。 梨型メカ「なしのすけ」→ 詳細プロフィール

Old Imperial Bar 2014-08-30

銀座でおいしい鉄板焼をごちそうになった後、帝国ホテルのバー「Old Imperial Bar」に連れて行ってもらいました。大きなガラス窓から、東京の夜景がきれいでした。 vimeoにアップロードしたムービー: Night view from Imperial Hotel Tokyo from Takayuki Yuasa on...

神宮の花火@平和台 2014-08-16

平和台のマンションのベランダから、神宮の花火大会が見えました。新宿の高層ビル群と花火がよくマッチして、かっこいいです。手持ちの望遠レンズは絞りが壊れているので、ちょっとピントが甘めですが、それなりにきれいに撮れているのではないでしょうか。東京最高。

Wakeboard at Lake Yamanaka 2014-08-03

8/2-3に山梨に行った際、山中湖でウェイクボードを体験してきました。ハクタカマリンという会社で予約した初心者向けの30分のコース(「ぞんぶんコース」)で7000円でした。 事前にYoutubeで「ウェイクボード 初心者」とかの動画を見て予習していたのですが、実際やってみると想像以上に腕の力が必要で、スピードも速く感じられて、かなり怖かったです(腕の力を使っているのは、体勢が後ろに倒れているためにボードが水面に斜めに入ってしまい、ボードに引かれる力に抵抗をかけてしまっているせいなんだ、というのが自分が滑っているビデオをみたらわかりました)。 それにしても、陸上での事前インストラクションがよくなかったような。。。もう少しわかりやすく力の入れ方とか体重移動のコツを教えてくれたら、水上であんなに転ばなくても滑れるようになったのに(ボートを運転していた人の指導はそれなりに適切で、3〜4回の転倒の後、ちゃんと滑れるようになりました)。

globe night at Otsuka Deepa 2014-08-09

土曜の23時に自転車で大塚へ出発。途中、雨に降られながら、30分くらいで大塚駅に到着。駅前のDeepaというライブハウスで、globe nightに参加。去年に引き続き2回目。マダム純さんの、EDMリミックスのglobeが最高でした。   平和台〜大塚は、だいたいGoogle Mapのルートの通りに進んで、ちょっと迷いながらも30分くらい。涼しくなったら中国語の授業に池袋にいくのも自転車でいいかも(往復の地下鉄代400円が節約できるし、、、)。 大きな地図で見る

【金沢旅行】東茶屋街の猫とそば 2014-08-12

東茶屋街の武右衛門で金沢棒茶入りのそばを食べたあと、付近を散策していると、パステルカラーの毛色で目がブルーの猫が民家の前でうろうろしているのを発見。戸がガラガラとあいて出てきたおばあさんは「あら、あなたはダメよ〜」と言っていたので、その家の猫と遊ぶか、喧嘩しようとしていたのかもしれません。 武右衛門で金沢棒茶入りのそば。「香りを楽しむために最初はお塩をぱらぱらとふりかけてどうぞ」とのこと。しっとりしたゆで具合だったので、塩だけでもつるっとおいしくいただけました。   東茶屋街の中心街から路地を入ったところにあります。13時くらいに行きましたが満席で、10分くらい待って席をゲットしました。 今回の金沢旅行では、以下のガイドブックを参考にしました。 アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

帰省したときに、祖父が中古品屋で買ってきた10cmの反射望遠鏡がありました。もう少し時間がズレていれば惑星が見えたんだけど、たまたま月しか出ていなかったので、月をみてみました。明るすぎて目がくらむけど、クレーターの細かな配置まで見えて、面白かったです。写真はiPadのリアカメラをそのまま接眼レンズにくっつけて撮ってみました。 本当は アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 みたいのがあるともっと綺麗にとれるのかもしれませんが、やったことはありません、、、。
,

鳥羽水族館 2014-08-11

お盆の帰省の途中に、鳥羽水族館を見学してきました。日本国内で飼育している動物の種類数が一番ということで、コンパクトにまとまっていながら見応えのある水族館でした。 お昼は鳥羽駅前の一番街の中の海鮮料理屋で漬け丼のようなものをいただきました。この一番街という建物には、20年くらい前のゲーム機が稼働しているゲームコーナーがあって心躍りました。電車の時間が迫っていたのでプレイできませんでしたが、バーチャコップの初代が置いてあったりします。クラシックゲーム好きの方で、機会があれば、なくなる前にぜひどうぞ。 http://xot.jugem.jp/?day=20120130 等のウェブサイトの記録を読むと、鳥羽周辺は他にもクラシックゲームが結構たくさん残っているようです。 アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

Paris 20140706-14

パリに会議に行ってきました。今回はなり行き上、事務局係を担当していたので会議中は結構忙しかったのですが、行きの飛行機でしっかり寝ておいたので、時差ぼけにも負けずなんとか乗り切ることができました(飛行機によく乗る人には、ノイズキャンセリングヘッドフォンが本当におすすめです。しっかり眠れます)。 2年前に来たときは、冬の入り口だったので天気もどんよりしており、寒かった記憶があるのですが、今回は気温は20度前後と過ごしやすく、昼間に雨が降って夕方〜夜に少し晴れる、というお天気の繰り返しでした。 宿泊したのはマドレーヌ寺院のすぐ隣にあるホテル。ベランダからマドレーヌ寺院が見えるという眺望抜群の部屋でした。 夜のパリもきれいです。日が長かったおかげか、前回来たときよりも街中の景色が美しく感じました。  

【きのこ写真】 新宿御苑

新宿御苑を散歩してきました。よーく探すと、ところどころにきのこが生えています。iPadのカメラだと、被写体に10cmくらいまで寄って撮影できるので、臨場感のある構図がとれます。小さなレンズですが、遠くの背景を入れればそれなりにぼけ効果をつけることもできるので、大型カメラ+マクロレンズにも負けない表現が可能です。
,

【台北旅行】 中山堂 2014-05-03

最終日の午前中、西門近くの中山堂も見学してきました。1936年に完成した、元台北公会堂。受付の人が親切で、日本語で「自由に見学していってください」と案内してくれました。中は昭和初頭を感じさせるレトロな雰囲気。おしゃれなカフェやレストランが入っていて、一部は展覧会や公演用のスペースになっています。 内部の雰囲気は本郷の総合図書館に雰囲気が似ているなと思ったのですが、震災後の1928年に再建されているので、それよりも少し新しいんですね。 リノベートされているところも多く、トイレの洗面台はモダンな雰囲気。 入り口を内側から。涼しげです。
,

【台北旅行】 利隆餅店 2014-05-03

最終日の朝は、ホテルの裏手にあった東門市場を散策して朝食を探しました。土曜日の朝でしたが、活気があって面白かったです。その中でもお客さんが並んでいた「利隆(看板は右から読むようです)」というお店の「牛肉餡餅」(牛ひき肉入りの焼きまんじゅう)というのを買って食べてみました。1個100円で、信じられないくらいおいしかったです。 あとで調べてみたら、台湾の人のブログにも星4つで紹介されています。日本のガイドブックにはほとんど紹介されていないようですが、現地の人のブログにはよく登場するので、東門に宿泊の際はオススメです。 小虎食夢網 三高吃漢の美食足跡 Google Mapではこのあたり。 日本の人のブログにも出ていました。 今回台湾旅行で買ったガイドブック(有名どころですが、、、)。 アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 やっぱり、歩き方を持っていると、地方の小さい都市に行ったときも、地図が正確で安心です(20年ほど昔はずいぶん評価が違ったようですが、現代の地球の歩き方は情報量・質・価格すべてが、世界一のガイドブックだと思っています)。 上記のような市場の中野かくれた名店は、自分で歩いて見つけたときの感動が大きいです。一方で、全ての食べ物が非常においしい台湾では、おなかの具合を計画的に管理しないと、食べたいものがお腹いっぱいで食べられないこともあるので、有名どころやマストで食べておくべき物は事前に知っておくのも悪くなさそう。次回はこんな本もみておこうかなと思います。 アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

神保町花月 2014-06-01

毎月開催されていたオリエンタルラジオのトークライブ「無限大」@渋谷が先月で終焉を迎え、今回から会場が神保町花月に移動しました。 学生時代に明倫館で理学書の中古本を探したのが懐かしい神保町。ライブ会場の神保町花月は、普段若手芸人さんの芝居をメインに出しているところで、初めて訪れたのですが、渋谷無限大よりも一回り小さく、座席もほぼフラットに配置されているので、ずいぶん雰囲気が違います。外観は宇宙基地のようなモダンデザイン。神保町シアタービルという名称で、山梨知彦さんという人が設計したそうです。 ライブそのものは、新しい会場に映ったこともあるのか、前向きな内容のトークが多く、笑えて、楽しめました。前回話題になった、たとえ話のミニコントが盛り上がりすぎて、もとの話がかすんでしまうという流れを今回も期待していたのですが、ほとんど出てきませんでした。出囃子が新しいものに差し替えられていましたが、ダサいし、オリラジのスタイリッシュさが全然感じられなくて、元のに戻してほしいなと思ってしまいました。 次回は7/13(日)なのですが、海外出張中で参加できなさそう。 関係ないけど、駅前の途中にあった牛角の店内の案内パネルのイカがかわいかったので載せておきます。

246 common – 2014-05-31

表参道で夕食を食べた後、歩いていたら発見した屋台街。ビール屋さんや、ソーセージ屋、帽子屋さんと、大量のお客さんが入り交じっていて、カオスな空間でした。 この日で最終日ということで、1ヶ月くらいの期間限定だったのかなーと思ってあとで調べてみたら、2年間もこの場所で営業していたそうです。その最終日に知るとは、なんという時代遅れ、、、。今は都心も近いので、面白そうなスポットの情報はどんどん取り込んでいきたいです。

Apple Store Omotesando – 2014-05-31

表参道交差点の近くにオープン予定のアップルストア表参道。地下鉄の駅からも近くてアクセスも簡単。久々に表参道を歩いてみたら、新しいカフェやお菓子屋さんもオープンしていて、明治神宮前・原宿からの流れがあるのか外国人旅行者も多くて、先端の雰囲気を感じます。でもポップコーン屋に行列ができるのが日本風。
,

【台北旅行】 国家戯劇院 2014-05-02

猫空から帰ってきて、ホテルで一休みしてから、近所を散歩してみることに。西門駅からちょっと歩いたところに中山紀念堂の公園があります。とくに事前情報もなく、期待なしに訪れてみたのですが、ちょうど時間がよかったのか、夜景がすごくきれいでした。写真は、ライトアップされた国家戯劇院。向かい側には、同じデザインの国家音楽堂もあって、対称性が美しいです。午後5時〜7時くらいがいい時間でしょうか。地元の人たちも三脚を持ち込んで、盛んに夜景を撮っていました。 こちらが中山紀念堂。中山は蒋介石の本名。建立は意外と最近の1980年(蒋介石がなくなった1975年から建設プロジェクトがスタートしたとのこと)。 台湾のアイデンティティ増強を目指した台湾正名運動によって、この建物の名前も紆余曲折を経ているようです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/中正紀念堂 この日の夕飯は東門の繁華街「永康街」にある麻醉坊という油そば屋さんで。汁無し麺に具が乗っかって、めちゃうま。店の外までお客さんが並んでいて、15分くらい待ってようやく入れました。 台湾の人のブログ  台湾在住の人のレポート
,

【台北旅行】 Jiufen 九份 2014-05-01

3日目は、提灯とレトロなお土産屋さん街で有名な九份へ半日旅行へ行きました。お土産屋街は、食べ物がどれもおいしそう。 千と千尋の神隠しのモデルではないということですが、それとは関係無しに雰囲気のいいところです。夕方以降はきれいな夜景をみるために集まる観光客で混み合ってくるので、暗くなり始める少し前に(春だと、午後3時くらいとか)見て回るのがよいと思います。 こんな感じの山の中にあります。靄がでていましたが、大降りにならなくてよかったです。台北滞在中に2-3日の幅がとれるなら、天気予報をみて晴れている日に訪れる方が、両手が空くので食べ歩きもしやすそう。 台北への帰りかた 九份から台北に戻るのは、直通バスでもいいのですが、夕方〜夜の便はすごく混雑します。今回は午後7時半くらいにバス停に行ってみたら、100mくらい行列ができていました。最初は何本かまてば乗れるかなと思って待っていたのですが、途中、瑞芳(ルイファン)行きのバスがやってきたので、そちらに乗って電車で帰ることにしました。 瑞芳(ルイファン)へのバスは15元で、九份からは15分くらいで到着します。瑞芳駅から台北への列車は49元で、台北直通バスの109元にくらべると圧倒的に安あがりです。今回は駅について5分くらいで列車が来たので、乗り継ぎもよかったです。列車は空いていて、ゆったり座って帰ることができて大満足でした。 九份のバス停で台北行きのバスをまっていると、タクシーのおじちゃん達が1人250元でタクシーに乗らんかね、と勧誘してきます。そんなに高い訳ではないので、雨が降っていてバス停に並んで待つのがつらい場合はセレブ的に利用してもよいかもしれません。 バス+列車でのアクセス方法は以下のページにもまとめられています。 九份 –  鉄道とバスでの行き方 / 台湾旅行ガイド