,

【台北旅行】 4日目 2014-05-02

台北滞在4日目は、台北中心部から電車とロープーウェイで1時間くらいのところにあるお茶の産地「猫空(マオコン)」へ行ってきました。台風の影響で修理中だったロープーウェイが2010年に運行再開して、景色を楽しみながら登っていけます(MRT動物園駅から)。ちょっとかすんでいますが、写真の中央には台北101がみえます。やっぱり、すごい存在感。いいデザインです。 猫空ロープーウェイ – 台北ナビ ロープーウェイの執着「猫空駅」には、ラップトップやガジェットを充電するためのスポットも用意されていました。空港だと増えてきていますが、観光地のロープーウェイ乗り場にUSBポートが用意されているところに、台湾の電脳先進性を感じさせます。 関連する投稿 スウェーデンのGothenburg空港のグリーンエネルギーアウトレット(「コンセント」は和製英語)
,

【台北旅行】 Taipei 101 2014-04-30

2日目の夜は台北101のレストランで食事しました。結構雨が降っていたので夜景を見るのは無理かなとあきらめていたのですが、ちょっともやのかかった感じがまた幻想的でした。 下から見るとこんなかんじで、ろうそくが光っているみたいです。東京スカイツリーは骨組みだけなのですかすか&線が細い感じがしますが、台北101は上までずーっとフロアがあるので、圧倒的な存在感。オリエンタルな形もすごくいいです(でもExpediaの台北紹介ビデオでは、「ヌードルカップを重ねたような形」と言われていました(欧米の中華料理屋で焼きそばをテイクアウトすると、以下の写真のようなカップに入れてくれるんです。確かに、似ているような、、、))。 台北とは関係ないですが、このWokはライデン駅前のEasieというお店のもの。おいしいです。ライデンに行く機会があればどうぞ。 大きな地図で見る
,

【台北旅行】 猫カフェ 猫花園 2014-04-30

台北2日目は、故宮博物院で白菜と豚の角煮やフクロウを見学したあと、MRT芝山駅のすぐ横にある有名な猫カフェ「猫花園」に行って休憩。フレーバーティーをいただきました(150元くらいだったかな)。長毛で無愛想な猫がかわいいです。一緒に働いているゴールデンレトリバーは、お客さんがくるたびにテーブルまで挨拶しにいっていて、好感が持てました。 一日中、毛繕いにご執心。   ボテっとした感じがまたかわいいです。 外を見る後ろ姿もかわいいです。 いすに座ってぶすっとしたようすもまたかわいいです。 こっちを見てもかわいいです。 旅旅台北での記事 ところで、2014年6月14日〜9月15日のあいだ、白菜は東京国立博物館にくるんですね。  

サボテンの花 2014-05-15

相模原に住んでいた頃、相模原麻溝公園にスカイフォトを撮影しに行ったとき、「サカタのタネ グリーンハウス」の前で開催していた多肉植物・サボテンの即売会で3個500円で購入したサボテンをかわいがって育てていたのですが、平和台に引っ越してすぐ4月にはいったころに、大好きだった柱サボテンが枯れてしまいました。代わりと行っては何ですが、池袋西武の屋上にある多肉植物の専門店「鶴仙園」でアイロステラを購入して仲間に加えました。 うちにきて1ヶ月ほどなのに、もう花が咲きました。時期がちょうど良かったんですね。まだ4-5個、芽がでているので楽しみです。 鶴仙園 アイロステラ属 (たくさん花をつけている写真があります) – B.K.さんのホームページ
,

【台北旅行】 西門紅楼 2014-04-29

西門駅のすぐそばにあるれんが造りのおしゃれな建物。日本統治時代の1908年にたてられた公営市場。内側は新たに整備されて、若手アーティストのアトリエになっています。喫茶店もあるので、レトロな雰囲気と現代アートを同時に感じながらお茶できます。 西門紅楼 オフィシャルサイト この建物の歴史についての展示では、日本時代の広告や新聞記事も登場していて、当時の一般市民が感じていた文化の香りを、ほんの少しですが感じることができます。隅に置かれた漢字タイプライタもいい味出しています。 奥の方は御徒町〜秋葉原の高架下の「2K540」のような、若手アーティストの展示・販売用ブースになっています。1階の一番奥にあるコンパクトカメラのストラップを作って売っているお店がよかったです。
,

【台北旅行】 Visit Taipei 2014-04-29

ゴールデンウィークの休暇を早めて、4/29から5/3まで台北に行ってきました。 滞在中はだいたい天気もよく、台北で4泊したので、ゆったりとおいしいものを満喫できました。 羽田空港←→松山空港(台北の市内にある)だったので、移動もすごく楽でした。今回の旅行で完全に親台湾派になりました。帰国後、台湾関連の書籍をまとめ買いして、歴史を勉強中です。 今回はエバー航空を利用しました。羽田12:40→15:05松山のBR191便。松山空港に到着後、テンションがあがって普段は撮らない飛行機の写真を撮ってしまいました。初めて台湾系の航空会社に乗りましたが、乗務員のサービスも良くて快適でした。ハローキティーをフィーチャーしているようで、期待にもキティちゃんファミリーがペイントされていました。台湾では日本以上にハローキティーが人気のようです(日本人としてはうれしいことですね)。 到着後、空港から地下鉄でMRT西門駅へ移動。駅から徒歩一分の永安大飯店(West Gate Hotel)に荷物をおいて、散策開始。午後4時くらいだったので、ゆっくり歩いて夜市を目指します。写真は途中の于記杏仁豆腐というスイーツ屋でたべた杏仁かき氷。上の部分の氷も杏仁ミルク味で、下には小豆と杏仁豆腐が入っています(具はケースに並んでいて、指差しで注文できます)。 オフィシャルサイト 于記杏仁豆腐 台北市内に5店舗あるようです。 食べ台湾でも紹介されています。 以下は夜市まで歩く途中の風景。「牙」は歯医者さんのマーク。    西門から歩いて30分くらいの寧夏夜市では鶏排というチキンから揚げを食べました。あげているお姉さんが暑そう。凍らせたボトルで口元を冷やしています。お酒が飲める人は、屋台街のそばにあるファミリーマートでパイナップルビールを買って、一緒にどうぞ。  ...

七尾に帰省 2014-05-09-11

5/9〜5/11のあいだ、七尾に帰省しました。iPadを使っている祖父が、キーボードで文書を作成したいというので、AppleのBluetooth接続のワイヤレスキーボードを持ってって、使い方を教えてあげました。さすがにPagesやGoogle Documentは難しいので、まずはNotesでプレインテキストを作成してもらうことにします。80歳をこえて急に電脳化がすすんでいるので、すでにAirPrint対応のプリンタは導入されていて、作成した文書はプリントボタンをタッチするだけで印刷できました。さすがiOS、簡単です。 ちなみに持っていったキーボードは以下のもの。iMacに標準で付属してくるのと同じもので、iPhoneやiPadとペアリングすると文字入力が簡単にできるようになります(iPad/iPhone内のソフトウエアキーボードとくらべて英数入力と日本語入力を高速に切り替えられて、数字・記号の入力が簡単なので、Mac無しにiPadだけで生活をしている人にもおすすめです)。 アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 写真は家の庭に咲いていたアイリスです。 町内は空き地を太陽光発電施設に転向するのがブームになっているようで、近所に2カ所、発電所ができあがっていました。能登半島は1年間の半分が曇り(冬場はほとんど太陽がでません)なんですが、設置されているということはある程度の年数で採算とれるんですね。 七尾市も他の市町村同様に、太陽光発電施設の建設に補助金を出しているようで、FY26は、出力1kWあたり5万円(上限20万円)の補助が出るようです(家庭用でない売電専用のシステムはまた違う枠組みがあるんでしょうか)。 住宅用太陽光発電システム設置事業補助金 – 七尾市 石川県の天然記念物になっている「ヒヨドリサクラ」。今年はもう見頃をすぎてしまいましたが(ソメイヨシノより1週間くらい遅いそうです)、1個の花に花弁が100枚以上密集してついている、面白い桜です。 さっきGoogle検索して知りましたがじゃらん観光ガイドにもエントリがあるようです。春に石川県七尾市を訪れる機会があったらぜひ見てみてください。
,

オリラジ無限大ライブ 最終回 – 20140504

台湾から帰国した翌日、オリエンタルラジオが渋谷無限大ホールで2009年から5年以上やってきたトークライブの最終回へ行ってきました。せっかく副都心線一本で渋谷に出られるようになって、これから毎月通おうと思っていたところだったんですが、残念。来月からは神保町花月に移動して、チケットも2300円に価格変更して再スタート。 今回は二人の機嫌もよかったのか、すごくいい雰囲気で、無限大ホール最後というしんみり感もとくになくて楽しかったです。本人達のブログでも感想(中田、藤森)がさらっと語られています。 このイベントがないともうあんまり渋谷には行くチャンスがなさそう(オリラジの二人も先月のライブで言ってましたが、やっぱり街の若さというか、その街を楽しめる年代というのはあるみたいですね)。
,

Laundromat – 20140506

ずいぶん前から切りたかった髪を池袋で切ってもらいました。南池袋2丁目の分かりづらいビルの、しかも3階にある、到達しづらいところで、あやうく予約時間に遅れるところでした。はじめて(いまさら)予約にHot Pepper Beautyを使ったんですが、電話しなくてもリアルタイムで空き状況が分かるのは最高。 写真は分かりづらいビルの向かいのコインランドリー。台湾の風景と似て味があったので、撮ってみました。アメリカ滞在中もそうですが、なんというか、洗濯する場は好きみたいです(いい匂いがするからか?)。

和光猫 – 20140505

理研に通うようになってから地下鉄とバスで通勤することもあるのですが、理研の裏手のバス停の近くに、たまに猫が待っていることがあります。本郷〜千駄木のころは夜中の帰り道に猫会議に遭遇することもありましたが、相模原では全然猫に会わなくて寂しかったのですが、練馬〜和光では結構来たいできそうです。 この猫はまだ慣れてないからか、5分くらい遠目にねばったのですが、なでさせてくれませんでした、、、。  
,

Sakura – 20140411

本郷キャンパスに打合せに行ったときに桜が満開(もうちょっと葉っぱが出てますが)。総合図書館の前は工事がすごかったです。 もうあんまり利用する機械もなさそうなので、とうとう東大生協の組合員を脱退してしまいました。増資鬼ごっこで増資した分もふくめて17200円、出資金が戻ってきました。 写真の奥に映っている東大のお土産売り場「コミュニケーションセンター」、ウェブサイトもかっこいいのが準備されています。地方大学だとダサい名前入りシャーペンやトレーナーしか売っていませんが、東大は東大開発のサプリメントや分子細胞生物学研究所発のお酒などが、スタイリッシュなデザインで売られています。 東京大学コミュニケーションセンター

オリエンタルラジオ無限大ライブ 2014-03-09

久しぶり(半年ぶりくらい?)にオリラジのトークライブに行ってきました。会場の渋谷無限大ホールは、引越先の平和台からだと、副都心線一本(ほぼ座れる!)で30分というアクセスの良さ。これまでの相模原からの横浜線、小田急、京王の乗り継ぎを思うと涙が出るくらい楽です。 で、今回のライブは大当たりの回でした。全体的な感想としては、結婚してどんどん異常さが和らいできている中田さんと比べ、これまで中田さんの異常さの影に隠れていた藤森さんのヤバさがどんどん表に出てきてるような感じ。とうとうタバコをやめたというくだりの中でふと登場した「大をするときトイレに漫画を持って入って、『10文字』やってから一服」の『10文字』(藤森さんが自分に課しているルールで、漫画の台詞の10文字目が、事前に設定した文字でないときは、出せない)が最高。 ライブレポは以下のような方々があげてくれています。 オリラジトークライブ|オリエリタリ オリラジトークライブ無限大は面白い! – テレビばっかり見ている 今回は、ぼくもライブ開始時に空席の多さにびっくりしましたが、これまでの無限大ライブで最低の集客だったようです。ライブレポを読んで興味を持った人はぜひ参加してみてください。4月は2014/4/6(日)で、チケットは1500円(安い!)です。 チケットよしもと

Moved to Heiwadai, Tokyo 2014-03-06

異動に伴って練馬区の平和台に引っ越しました。念願の、三年ぶりの東京。いやー、前に住んでいた相模原がひどいところだったので、生活環境何もかもがすばらしいです。東京は道も明るいし、スーパーもきれいだし、相模原と比べて住んでいる人たちのレベルが高くて過ごしやすいです。 マンションのベランダから、東京タワーと新宿の夜景が見えるのも気に入っています。写真には映っていませんが、少し左にはスカイツリーも見えます。

Icecream at Toscanini, Boston 2014-02-01

MIT Science Museumを見学したあと、歩いてカフェを探していたら、人気のアイスクリーム屋さんがあったので入ってみました。地下鉄Red LineのCentral駅近くのToscanini’sというお店で、アイスクリームだけで20種類くらいフレーバーがあって、どれにするか迷います。今回はジンジャーとバニラを1scoopずつ頼んでみました(日本人だと2人で2scoopがちょうどくらい; これで5ドルちょっとです)。あと、紅茶は2.05ドルとすごくお手頃価格。かっこいいグラスについでくれるので、アイスクリームで冷えた口の中をあっためるのに注文してみてください。 ちなみに、Bostonで一番のアイスクリームというだけあって、Yelpの評価も高いです。5と4が大半を占めています。 店内の雰囲気も、木とメタルで統一されていていかにもおしゃれな感じ。店員さんのヒゲ率が高いなと思ったら、お客さんのヒゲ率も高かったです。たまたまか。 Toscanini’s Ice Cream

MIT Science Museum 2014-02-01

この週末はMIT Science Museumにも行ってきました。メディアアート系の展示を期待していたのですが、ロボットと動く機械、ホログラムがメインの展示でした。MITの現在進行形の最先端のイメージではなく「過去にこんな研究をしていました」という趣旨の展示ばかりで、ちょっと後ろ向き感が意外でした。(写真はさらにMITと関係ないですが、、、) featureされていた「動く機械」シリーズのアート作品の一つ。「自分自身でギアに油を注す機械」とのこと。 関係ないですが、油をさすの「注す」は「表外音訓」(常用漢字表に記載されていない書き方)なんですね。常用漢字で書くと「差す」となるようです。 その昔、人工知能を研究するために開発されたLISPというコンピュータ言語を実行するための専用ハードウエア。解説のパネルによると、この専用ハードウエアを研究していたMITの研究者たちは、「当時としては最新だったこの技術をもとに二つの会社を起こしたが、その後汎用計算機の性能向上により、LISPもPCの上で高速に動作するようになってしまったため競争力を失い1980年代後半と1990年代初頭に破産しました」と淡々と書かれています。スペースをとって大々的に展示しているのに冷静なものだなと、さすがアメリカの感じです。

Boston Symphony Orchestra 2014-01-30

Harvard-Smithonian Center for Astrophysicsで一緒に研究させてもらっている研究者の奥さんがBoston Symphony Orchestraにコーラスとして出演しているというので、チケットを予約して観覧してきました(写真はオーケストラが準備しているところ)。劇場は120年ほどの歴史がある建物とのことでしたが、すごくきれいで、音の響きもよかったです。午後8時から2時間のAll-Ravel公演でした。ボレロがあるかと期待していたのですが、有名すぎるのか、プログラムには入っていませんでしたね。 そういえば、チケット予約の画面で、promotion codeを入力する欄があったので、何か割引があるのかなと思って検索してみたら、BSOのオフィシャルのウェブサイトで「<40 = $20 (40歳以下は20ドル)」というキャンペーンを実施中というのを見つけて、ちょっとお得に観覧することができました。このキャンペーンはBSOとしての公演の場合、40歳以下の観客は「オーケストラ」と「バルコニー」レベルのチケットを1枚20ドルで予約できるというものです。適用条件は以下のようになっています。その時々で他にもpromotionをやっているかもしれないので、公演をみにいく機会があったら、チケット予約の前に「bso promotion」で検索して、最新のpromotion code情報を調べておくと吉かもしれません。 How...

Weekend in Boston 2014-01-26

ボストンでの最初の週末は、Apple Store Boylston Streetに行ったり、クラムチャウダーを食べたり(Newbury StreetのJoe’s American Grill and Bar; 濃い味だけどポット代わりのパンとあっていておいしかったです)、水族館 New England Auarium を見学したりしました。この水族館では、ボストン湾の海水をひいてきて、4種類くらいのペンギンが飼育されていて、いくら見ていても飽きません。...

Ice crystal 2014-01-22

今回の出張は、1ヶ月弱とこれまでのものに比べると長いため、ホテルではなくボストンのCambridgeという地域のBlue’s Bed and Breakfastに滞在しています(研究所にも近い)。部屋はクラシカルですが、清潔なのでとくに問題ありません。暖房もしっかりしていて、部屋の中は相模原のマンションよりも暖かいくらいです。でも部屋の外は-15℃とかなので、窓ガラスには上の写真のような氷の結晶ができることもあります。

Boston – 2014-01-20

アメリカ東海岸の街、ボストンの郊外にあるハーバード大学のハーバード-スミソニアン天文台 Center for Astrophysicsの研究者のところに1ヶ月ほど滞在して、ちょっとした研究をする機会を得ました(1/19〜2/14)。今年の冬は寒波が来たとのことで、めちゃくちゃな寒さを心配していたのですが、こちらに来てから1週間、これまでの最低気温は-15℃です。外を歩いていても、無風だとコートを着ていればそれほど寒くありませんが、ちょっと風がふくと肌が露出している部分からどんどん体温が奪われます。日本からイヤーマフを持ってくるのを忘れてしまったので、研究所と宿の行き帰りの道で、何度か耳がとれそうになりました。 ということで、これからしばらくボストン/ハーバードでの写真をお届けします。 ハーバード大学のキャンパスを散策。ミーハーですが、映画「Social network」の雰囲気です。 ハーバードのキャンパス近くの建物。 地下鉄の駅から歩いて、MITのキャンパスも見学してきました。写真は、学生によるいたずらでも有名なドーム。 歴代MIT学生による「素晴らしきイタズラ」の数々:ギャラリー – WIRED MIT側からみたボストン市街地の街並み。ここから橋を渡って、ボストン美術館へ歩きました。 昼食のタコス。簡単だけど、辛くてうまい。...