hitomi/Candy Girl

出張の移動中、2007年に地方局で録音されたラジオをiPhoneで聞いていたら、CMの待ち時間(地方局では、キー局に比べてCMの数が少ないからか、間を持たせるために曲を流す事があります)の曲として、 hitomi/Candy Girl が流れていました(知らない曲だったのですが、すごく良かったので歌詞から検索してたどりつきました)。1995年に発売された3枚目のシングルとのこと。2007年の段階で12年前、現在では18年前の曲。ぼくは中学生くらいから「ちょっと前に流行ったJ-POP」を好きになる傾向があったんですが、どうも最近それがひどくなっているようです。てか、TK好きすぎますね。上に貼ったYoutubeにあがっているPVのスタイルが圧倒的に90年代ですが、ぜひ見てみてください! 全然関係ありませんが、最近、というか、神奈川に引っ越してTVKの「Bilboard Top 40」を見るようになってから、アメリカ・ヨーロッパのDJ達にハマっています。といっても有名どころばかりですが、David Guetta、Calvin Harris、AVICII、Sebastian Ingrosso等(DJじゃないけどJason Deruloも)。m-flo、中田ヤスタカのピコピコ音楽や、これらのDJがやってるノリノリの曲を作ってみたくなって、(子どもみたいですが)思わずDTM用のキーボードを買ってしまいました。

WATERRAS 2013-10-18

丸の内に出張になったとき、昼ご飯に金沢カレーが食べたくなったので、電車に乗って二駅移動し、秋葉原駅からちょっと歩いて「カレーの市民アルバ」に行ってきました。かつカレー780円。付けあわせのキャベツがまたいい味です。 カレーの市民アルバ 大きな地図で見る 石川の地元にいたときは、高校の近くにあった「カレーのチャンピオン」が行きつけのお店でした。 カレー屋さんから大手町駅に移動しないといけなかったので、神田川をわたって小川町まで歩きました。なんだか新しいビルが建っているなと思ったら、WATERRASという今年の4月にオープンしたビルでした。関係ないですが、JAXAの東京事務所は今年の4月にこのビルの裏にある「御茶の水ソラシティ」に移動しています。ワテラスとかソラシティとか、外国人向けにはちょっと恥ずかしい名前ですがビルそのものは最先端の外観でかっこいいです。

University of Maryland 2013-10-01-02

ワシントンからメトロに乗って30分のところにあるメリーランド大学。X線天文学の研究も盛んな名門校です。アメリカの多くの名門大学の例にもれず、建物は立派だし、とにかく広いです。天文学科の建物で会議だったのですが、その建物を探し当ててたどり着くまでに30分くらい構内をさまよってしまいました。   キャンパス内の広場。手前を歩く学生が、ちょうどアビーロードみたいになっています。 アメリカの大学にはリスもつきもののようです。しっぽが大きくてかわいかった!(けど、素早く動きまわるので、その姿を写真におさえるのは結構難しい!) ところで、今回の出張では、イタリアから戻って一週間しかたっていない時差ぼけのせいか、気が抜けていたのか、最終日の夜に一人でごはんを食べた中華料理屋にバッグを置き忘れてホテルに戻るという大失態。ホテルの部屋で翌日の出発の準備をしようと思ったところでようやく気がつきました。ホテルの近くの学生街にあるお店だったので、すぐに取りに戻ることができたのでよかったですが、iPadもパスポートもお金も入っていたので、離れたところのレストランだったら大変でした!そういえば、去年シンガポールに家族旅行に行ったときにもマリーナベイサンズのレストランでバッグを忘れたな、、、(このときは預かってくれていたお店の人が返すのを忘れて、こちらも持ってきていたことをすっかり忘れて帰ってしまったのでした)。来年はバッグを置き忘れない年にしたいと思います。

東京八重洲口・グランルーフ 2013-09-26

つくば出張の帰り、有楽町で夕飯を食べて東京駅から帰宅しました。有楽町→東京駅に移動するとき、最近完成した遊歩道「東京八重洲口・グランルーフ」をみてきました。大仰な名前に負けず、かなりの存在感。八重洲側の、いかにも日本の高度成長を支えましたよ、という雰囲気が漂うビル群とは異なる、洗練された感じです。あと20年くらいすると八重洲口もおしゃれエリアになるかもしれませんね。 大きな白い屋根の曲線が綺麗です。つくば宇宙センターに行くときは、いつもこの屋根の下にある高速バス乗り場から筑波大学行きバスを利用します。同僚は「ぼくが乗ると必ず首都高で事故が起きてて、すごく遅れる」と証言していて高速バスを敬遠していますが、少なくともぼくのときは毎回ほぼ1時間きっかりで到着します。運転手のみなさんの腕に感謝です(鉄道並みに時間が読める)。

Leiden 2013-09-17-20

ライデンに来るのももう8回目ですが、今回初めてシーボルトハウス(シーボルト博物館)も訪れる事が出来ました。上の写真は、江戸時代のお弁当箱。気合いが入ったひじょうにきれいな作りです。以前「ロケみつ」で紹介されていた、ミニチュアの日本家屋もしっかり見てきました。 大きな地図で見る ホテル「メイフラワー」前の広場(上の地図にもホテル名が出ていますね)。最近は駅前のIBISに泊まることが多いのですが、食事処はこの辺りに集まっているので、よく歩いて来ています。写真左手の三角屋根はおしゃれなカフェなのですが、まだ入ったことありません。この運がの左側の通りに、日本食やギリシア料理が並んでいます。

Rainbow Liden 2013-09-16

出張で訪れたオランダのライデンで、運河にかかるきれいな虹を見ました。二重になっていますね。 今回の滞在では、ライデンではじめて「Shabu Shabu Leiden BV」という日本料理屋(ちょっと変わった食べ放題)に行きました。席に案内されると注文用の紙を渡されます。2500円くらいの料金で、一人1ラウンド3品まで、合計5ラウンドまで注文できる(一人最大15品食べられる)というシステムです。お寿司は6月に行ったスェーデンGotheborgのスシバーのほうがおいしかったような気がしますが、ラーメンや焼き鳥は日本の味でした。 Google Mapでいうと場所はこの辺りです。 大きな地図で見る

Sicilia 2013-09-08-14

2013-09-08〜21の日程でイタリア・オランダに出張に行ってきました。前半のイタリアは、2年前にも参加した、激変星に関する国際会議@パレルモ。後半はESTECでの打ち合わせ。週末はアムステルダムのホテルが全く空いてなかったので、初めてユトレヒトに宿泊。ミッフィーの作者であるディック・ブルーナさんの博物館も見学してきました。 シチリア島の中心部、パレルモの街並み。南国の雰囲気です。 会議の会場があった、パレルモの北5kmくらいのところにあるモンデッロという街。海水浴場になっていて、夏場はパレルモの人たちの遊び場になっているようです。海も地上の景色も最高にきれいでした。 会議場となっていたホテルの部屋からの長め。2年前に来たときにも書きましたが、岩山がせり出している感じは日本とずいぶん異なります。

New York, New Haven 2013-07-10-12

2013年7月8-13日にカナダ・アメリカに出張に行ってきました。 7/8-10のカナダではオタワで試験、7/10-13のアメリアではYale大学で会議でした。今回は成田からdeltaでニューヨーク ケネディ空港に入り、シャトルバスでLa Guardia空港に移動してエアカナダでオタワに向かう事になっていたのですが、雷のせいでオタワ便がキャンセルに!翌日朝の便に振替になってしまいました。2年前にも東海岸で同じようなことがあって、そのときはケネディ空港に一泊したんですが、今回はせっかくなのでマンハッタンに移動して一泊する事にしました。写真はシャトルバスで移動する途中。日本と比べて電車やバスの中が暗い。現地にいるときはこれくらいでも良いような気がするけど、写真でみると暗いな、、、。 マンハッタンの5番街に近いHoliday Inn Expressは100ドルちょっとでした。朝、5時半に起きて重いスーツケースを引っ張って、Grand Central駅近くのシャトルバス乗り場へ。Fifth Avenueの看板がまぶしい。イエローキャブは、昔の映画で見るようなイメージとは違ってずいぶん新しくなっていました。     立派な建物。 摩天楼。世界の大都会のトップはいまだに東京だと思っていますが、ニューヨークもやっぱりすごかった。 こちらはYale大学の様子。クラシックな雰囲気のチャペルは、Yaleの教授によると「1930年代にケンブリッジ等に対向するため」にあえてクラシックスタイルで建てられたものだそうです。...

Toyama 2013-06-20

休暇をとって 富山にある父の実家の片付けに行ってきました。朝一番の羽田→富山空港便で移動して、荷物を受け取ろうと思ったらベルトコンベヤーにお寿司がまわっていました。これは冗談ではなくて、富山/石川はやっぱりお寿司おいしいです。回転寿しでも東京のカウンターのお店よりおいしいことも多いです。もし富山を訪れる機会があったら、氷見市にある回転寿司屋「きときと寿司」に行ってみてください。昼時は行列になっていて入れないかもしれないので、オフピーク利用がおすすめです(去年の夏に通りかかって入ろうとした時は、お店からあふれて外まで行列になっていました!)。 大きな地図で見る 家の周りにはアマガエルが大量発生していてました。じっとしているとかわいいんですが、荷物を運び出したりトラックに積み込む時に踏みそうになって心配です。たぶん今回は一匹もつぶすことなく作業完了(2トントラックの荷台に満杯の金物を積んで、リサイクル会社へ運び込んだら2000円戻ってきました)。 お昼ご飯は、福光町の町中にあるちょっときれいめのそば屋「萱笑(カヤショウ)」で。たぶん10年くらい前から店の前を通りかかってはいたんですが、初めて入りました。 ランチのときにも、お通しとしてお茶と揚げたソバがだされます。場所はこんなところ。東京からだとめちゃくちゃ遠いですね、、、。 大きな地図で見る

Gothenborg 2013-06-10

少し前のエントリで少し出しましたが、国際会議で訪れたスウェーデンはGothenborgの様子をお届けします。路面電車がいい雰囲気です。 トルコ系の移民が多い感じがしました。ショッピングモールには必ずケバブ屋が入っていて、出張者には心強いです。 川沿いの町並み。天気がいいですね。 初日のお昼は、会議場の近く似合ったスシ軽食屋で。12カンセットで1000円くらいと、結構リーズナブルなわりに味もしっかりしていました。写真にとると赤みがピンク色になってしまっていますが、こんなにはピンクがかっていなかったような、、、。スタッフに日本人はいませんでしたが、みそ汁も日本の味でした。 町中の建物。マンション?ホテル? レストランで食事をすると、パンと一緒に上の写真のようなクラッカーのようなものが出てきました。カリカリでおいしいです。 最終日の夜に食事したレストランSmaka。 空港は、いすもかっこ良かったけど、PC用の電源もデザインが凝っています。空港利用社が自由に使える電源は、全部グリーンエネルギーでまかなっているそうです。 Gothenborg、地図でみるとこの辺です。 大きな地図で見る

大黒堂 Kochi 2013-05-29

高知での打ち合わせのため、夜羽田から移動して高知空港へ。夕食は大学の先生が手配してくださった、高知駅近くの大黒堂へ。 高知は鰹のたたきが有名ですが、このお店の売りは新鮮な鰹をつかった「塩たたき」。東京で普通に食べるタレの味付けじゃなくて、さっぱりした塩味。タレがかからないので魚がクタッとならずに食感も楽しめます。ひじょうに美味。 高知を訪れる際はぜひ行ってみましょう。 地図は以下。ぼくは全然知りませんでしたが、「はりまや橋」というのは結構有名な地名のようですね。昔は日本三大がっかりすぽっとと呼ばれていたそうですが、路面電車が走っているためか、ぼくは結構いい味出ていると思いました。 大きな地図で見る 同じく大黒堂でいただいた四万十川ののりの天ぷら。外がサクッと、中はもっちりという、不思議な食感でした。

Gothenburg Sweden 2013-06-09

国際会議出席のため、スウェーデンのGothenburgに来ました。緯度が似ているからか地理的に近いからかわかりませんが、2010年に行ったサンクトペテルブルクと待ちの雰囲気が似ているような。建物の表面がツルっとしていて、もう少し南のヨーロッパより装飾がシンプルです。この写真は午後7時半くらいですが、やっぱり明るいです。 さすが北欧、空港のベンチもおしゃれでした。明日から会議で、初日に講演があります。

オリエンタルラジオライブ「無限大」 2012-06-02

渋谷の無限大ホールでオリラジの「無限大」ライブをみてきました。毎月1回、2時間フリートークという、オールナイト無き今、生のオリラジを聞ける貴重なライブです。しかもチケットが1枚1500円という良心的価格。テレビの仕事の裏側や、プライベートでの出来事を話すだけじゃなくて、その話の中で瞬間的に生まれるミニコントやカブせをうまく織り込んで、しっかり笑わせてくれます。2009年から、これまで5-6回くらい行ってるんですが、今年はもう少しまじめに参加しようと思っています(今年はこれで2回目)。8月のチケットも予約しました。 写真は、最近ハマった「デニス」。無限大に大きなプロフィール写真が出ていたので、思わず撮ってしまいました。漫才のときのしゃべり方、話の展開を、わざとヘタそうにやるところが味があっていいです。

The Way – Ariana Grande 20130517

毎週欠かさず見ているテレビ神奈川のBillboard Top 40で、2週連続、「これ好き」と同じコメントをしてしまったAriana Grande。最初の15秒の雰囲気でぐっと引き込まれる、心地よい高音です。久々にiTunes Music Storeで購入。

Shirai, Nanao, Ishikawa 2013-05-05

ゴールデンウィークに七尾へ帰省しました。ちょうど青柏祭(せいはくさい)というお祭りがやっていて、「デカ山」という大きな山車も見物しました。今回は市街地の古い商店街「一本杉通り」で開催されていた「花嫁のれん展」をじっくり見物しました。写真は「しら井」という海鮮系のお土産屋さん。この中に珍しい展示があったので紹介します。 昆布海産物處しら井 と、その前に、花嫁のれん。嫁入りのときに家紋の入ったのれんをつくって嫁ぎ先に持って行くという石川や富山の風習で、ここ10年くらいで町おこしの素材としても見直されてきたようです。千駄木に住んでいた頃も、旧安田邸で展示会を開催したりもしていました。色や柄もたくさん種類があって、ゴールデンウィーク期間中は一本杉通り商店街のたくさんのお店で、いろんな人から提供してもらった花嫁のれんを展示しています。(これについてはまた別のエントリで書きます) このお店、基本的には海産物屋さんで、いい昆布や明太子、乾物、イカを売っているのですが、2階には「海藻おしば」という海藻をつかったアートを紹介する展示コーナーがあります。手前のケースに飾ってある、緑や茶色の海藻は、まぁこんなものかなというかんじですが、壁にかかっているものに目をむけると、、、 こんな鮮やかな紅色のものがあったり、 紫、黄色があったりします。額縁にいれて学名を書くとすごくかっこいい雰囲気です。「海藻おしば」は、野田三千代さんという人が、筑波大学下田臨海実験センター非常勤職員時代に海藻を保管・展示するために始めた表現方法らしいです。「海藻おしば協会」という普及のための団体もあります。いくつか本もでていて、 アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 協会のウェブからは海藻おしばの作り方のPDFもダウンロードできます。 しおりもなかなかかっこいい。雰囲気としては、Nick Veasey等のX線アートともにているような。 展示室の様子。 今回の帰省であらためて七尾の町が好きになったので、いろいろネットで調べていたら、以下のようなウェブサイトがありました。七尾の古い写真を公開してくれています。明治〜大正〜昭和初期の建物は、今見るとどれもとてもおしゃれなデザインです。 七尾古写真アーカイブ

Kite Photography 2013-04-29

せっかくのゴールデンウィークということで、論文を準備する作業の合間に、1年ぶりにカイトフォトに再挑戦してみました。前回は凧が小さすぎたことと風が弱かった事から、カメラを持ち上げることもできずに終了していましたが、今回は差し渡し1m以上の大きな凧を購入して再挑戦です。ちょうど風が強かった事もあり、iPhoneを括り付けた凧は、勢い良く飛んでくれました。上の写真の凧だけを拡大した物が次の写真。 今回は本格的にカイトフォトを始めるための「実証試験」だったので、ヒモにガムテープでiPhoneをくっつけるだけ、という急ごしらえのセットアップでした。ちゃんと安定化装置をつけないと、凧の振動と風によるカメラのブレがもろに効いて、動画をとってもとても見られたものにはならない、ということがよくわかりました。 そんななかでも、動画から一部のカットを抜き出すと以下のような写真がとれていました(公園がかなり混んでいたので、安全のため10mくらいしか揚がっておらずあんまり迫力がありませんが、今度は河原とか広いところで50mくらいヒモを伸ばしてとってみたいと思います)。 相模原の公園で遊んでみました。 自分のしっぽも左側に映っています。 他の人の凧との競演。 興味のある人は一緒にやってみませんかー。凧は数千円で買えます。 アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 今後、電子工作をして緊急落下用のパラシュート放出装置(無線)や振動防止装置を作ってみようと思っています(が、何年かかるかわかりません)。ちなみにボタンは、雰囲気を出すために みたいなのを想定しています。Amazonでは アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 みたいのしか売っていないから、RSコンポーネンツかどこかで買おうかな。

Signoスタイルフィット 2013-04-22

高校のころからだったか、ボールペンは三菱鉛筆のSigno極細0.38mmを愛用しているのですが、替芯の色が黒・赤・青に限られていて、ブラウンブラックやオレンジといった好きな色の替芯がなく、いつもペンごと買い替えないと行けない事がバリアとなって、黒赤しか使ってきませんでした。そんななか、最近、新宿伊勢丹の文具売り場に立ち寄ったときに、uniの「スタイルフィット」シリーズの存在を知りました。ブランクのボディに自分の好きなリフィルを挿して使うタイプ。油性や水性だけでなく、Signo極細と同じゲルインクのリフィルも用意されていて、替芯でも16色から色が選べるというバリエーションの広さ。 アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。 黒、オレンジ、ブラウンブラックを即買い。数日使ってみましたが、いい調子です。欲をいえばボディに滑り止めのゴムがあるといいかな。